« 麻布EDGE | トップページ | ウェブ進化論 »

トリノ雑感

開会式
ジャンプスキーヤーを表現した人文字と、
鉄の輪を使った五輪マークがおもしろかった。
あとのモダンすぎるダンスはよくわかんなかったなー。
開会式のチケットは12万円もするんだそうだが、
会場ではあんな小さな踊りは見えないだろうに。

女子モーグル
アイドル上村愛子より、むしろ里谷多英を見直した。
“ターン”、“スピード”って言うんですか、
こぶのさばき方は上位選手とくらべても良かったと思う。
この一年、いろいろ言われて辛かっただろうけど、それに立ち向かうように
スタートラインに立った緊張感がかっこよかった。

スノーボードハーフパイプ
日本の惨敗ぶりよりもアメリカ勢の強さが印象的。
女子3位になったノルウェーの選手と、
彼女に立ち向かって敗れた4位のアメリカの選手、
こういう大舞台で一か八かの勝負をかけて、勝ちをもぎ取っていく度胸がかっこいい。

フィギュアスケート・ペア
井上怜奈、ジョン・ボルドウィン組のショートプログラムにうっとり。
シャドウ? ミラーリング? よくわからないけど、
二人の動きがぴったりあっていて、ペアの醍醐味ってこれだよねと再認識。
フリーで転倒して足を負傷しても滑り続けた中国ペアには脱帽。
でも、今回のペアはみんなミスが多い。
解説で言われてるように、「新採点システムで高い得点を出すために
プログラムがいっぱいいっぱいになっていて、こなしきれていない」のでしょうか。

私は元々“がんばれニッポン”の人ではないので、
日本勢が不振と言われても、「そうなんだ」ぐらいの感じ。
つうか、メダルメダルうるさい。
ほかの国の選手が滑っているときに
「ここで何かアクシデントがあれば岡崎にもメダルの可能性があります」
とか言うのって失礼じゃない? そのくせ
「メダルには惜しくも手が届きませんでしたが、大健闘でした」
って言うんだよな。
メダルが手に届く位置にいた選手にとって、オリンピックは
メダルorナッシングだろうに。
0.05秒とか転倒とか体調の悪さとか全部乗り越えて
表彰台にあがっている他国の選手たちはやっぱり強いと思う。


« 麻布EDGE | トップページ | ウェブ進化論 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/749157

この記事へのトラックバック一覧です: トリノ雑感:

« 麻布EDGE | トップページ | ウェブ進化論 »