« 健康診断 | トップページ | マンダリンオリエンタル »

『街角 桃色(ピンク)の店』

なんだかなーと思う邦題だが(原題は『THE SHOP AROUND THE CORNER』)
ルビッチの1940年の作品。小さな雑貨店の店員たちの物語。
ジェームズ・スチュワートがまだただの若造で
ヒロインもそれほどかわいくないので、ラブストーリーとしてはいまひとつ。
でも年配の店員や、奥さんの浮気に心を痛めるオーナーなど、
おじいちゃんたちがかわいい。

「結婚したらどれくらい金がかかるものだろうか?
食堂、寝室、居間の3部屋のアパートなら」
と聞くジェームズ・スチュワートに、年配の店員が
「新婚なら3部屋もいらない。寝室で十分だ」
と答えるあたりの洒脱さはさすが。

« 健康診断 | トップページ | マンダリンオリエンタル »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/683285

この記事へのトラックバック一覧です: 『街角 桃色(ピンク)の店』:

« 健康診断 | トップページ | マンダリンオリエンタル »