« 麻布郵便局 | トップページ | 財布を買いました »

『アクロイド殺人事件』

アクロイド殺人事件
クリスティ・著
中村能三・訳
新潮文庫

ポアロシリーズ再読キャンペーンをスタート。
といっても、昔はポアロの偉そうなキャラクターが好きになれなかったので、
有名どころを数冊読んだことがあるだけ。
まずは、家の本棚でホコリをかぶっていた『アクロイド殺人事件』を取り出してみる。

最初に読んだときも、有名な話だったので、すでに犯人は知っていた。
それでも十分におもしろい。というか、文章それ自体がトリックになっているので、
犯人がわかっていたほうがよりおもしろいのかも。

昔読んだときよりも、テレビの影響か、ポアロもそれほど嫌味な人物に感じない。
イギリスの田園風景や屋敷内の様子がイメージできるのも大きい。

アガサ・クリスティの作品全部に言えることだけど、
キャラクターがよくできているので、推理小説としてよりも文学として楽しめる。
噂好きだけど愛情深くて憎めない、キャロライン姉さんが秀逸。
そのほか、消えた婚約者、聡明なメイド、
若くて美しい女性に密かな想いをよせる少佐とか、意外とドラマチック。

« 麻布郵便局 | トップページ | 財布を買いました »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/744228

この記事へのトラックバック一覧です: 『アクロイド殺人事件』:

« 麻布郵便局 | トップページ | 財布を買いました »