« 『独身王子に聞け!』 | トップページ | 『クローズド・ノート』 »

『1週間で身につく七田式奇跡の右脳習慣』

1週間で身につく七田式奇跡の右脳習慣
『1週間で身につく七田式奇跡の右脳習慣』
七田眞・著
阪急コミュニケーションズ

右脳を“開く”と今までの何倍もの能力を開花させることができる、
とそのすばらしさとトレーニング法が語られているのだが、
この手の本はただ読むだけではだめで、実践して初めて役に立つのだろう。
しかし、呼吸法ぐらいならともかく、記述やイメージ、暗示などは
半信半疑の私にとって実際にやってみるにはハードルが高い。

速読や高速モーツァルトはいいかも。

七田式教育法を受けた子供たちは本がすごいスピードで読めるだけでなく、
手で触れただけで本の内容を感じ取ることができるという。
テレパシーやサイコキネシスなど、超能力とされてきたことは
今では右脳の能力として説明できるのだそうだ。

それで、思い出したのが昔見た「天才少年少女大集合」みたいなテレビ番組。
暗算少年や、演歌少女の中で、ひときわ注目を集めたのが
まだ小学生にもならない男の子で、彼は母親が手に持ったカードに書かれている絵
(電車や自動車だったと思う)を、カードの表側を見るだけで、ことごとく当ててみせた。
母親は「なぜこんなことができるようになったのか、わからない」と言っていたが
これも、少年が潜在的に右脳の能力が発達していて、
カードの絵を感じとっていたとすれば説明がつくことになる。
(右脳がもっているのはイメージする力だから、カードが絵なら読み取れる。)

まあ、超能力は超能力で説明がつかないほうがおもしろいけどね。


« 『独身王子に聞け!』 | トップページ | 『クローズド・ノート』 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/1003063

この記事へのトラックバック一覧です: 『1週間で身につく七田式奇跡の右脳習慣』:

« 『独身王子に聞け!』 | トップページ | 『クローズド・ノート』 »