« 200系 | トップページ | 『日はまた昇る』 »

『A-A'』

『A-A'』
萩尾望都
小学館文庫

というわけでスーさんに貸していただきました。

確認したら1981年の『プリンセス』掲載だから、25年ぶり。
当時の『プリンセス』って『王家の紋章』や中山星香が連載してたくらいだから
(今でも連載してる?)、十分ファンタジーな雑誌だったんだけど、
それでもこの『A-A'』は異彩を放っていた。
一度しか読んだことがないのに強く印象に残った作品だったので、
あらためて読んでがっかりしたらどうしようと心配だったんですが、
昔読んだときより楽しく読めました。

クローンとか氷の中で眠る彼女とかばかりを覚えていたんだけど
今、あらためて読んでみると、ずいぶんラブ・ストーリーな話だったんだなー。
「氷の中で眠る彼女」は、記憶の中の絵とだいぶ違いましたが、
なぜか一角獣のモチーフがあったことは覚えてました。

そのほかの収録作では一角獣ものより『六月の声』が
「風が歌ってるよ。なんて言ってるのかな」
「ジュテームって言ってるのよ」
「私は六月に行くのだから、私の行く宇宙はいつも六月よ」
とセリフが全編ポエムで素敵。
1972年の作品だけど、このころの文学化した少女マンガをちゃんと読んでみたい。

« 200系 | トップページ | 『日はまた昇る』 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/1246797

この記事へのトラックバック一覧です: 『A-A'』:

« 200系 | トップページ | 『日はまた昇る』 »