« 『デジタルな生活』 | トップページ | 『きいろいゾウ』 »

『グーグル Google』

グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する  文春新書 (501)
『グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する』
佐々木俊尚・著
文春新書

グーグルを語るとき、たいていの場合は「検索エンジン」と紹介され、
そのヒット率の高さが賞賛される。まあ、これは普通のこと。
この本の第一章は、「グーグルニュース」の紹介から始まり、
グーグルが今までの新聞やテレビのあり方を
大きく変えかねない可能性を持っていると語る。
グーグルに対してある程度理解があるネットユーザーには
目新しい話ではないかもしれないが、
世間一般の感覚はまだ「グーグル=便利な検索エンジン」の域を出ていないのだ。

続く第二章から第五章では、グーグルのキーワード広告が
小さな企業にとってどれだけ有益なものだったか
駐車場経営者やメッキ工場など具体的な例を紹介し、
その広告収入がグーグルに与えたパワーを解説している。
ここはこんなにページを割く必要があるのか、という気もするのだが、
これくらい説明しないと検索エンジンがなぜ脅威になるか
一般的にはピンとこないのだろう。

ここまでは「グーグルがどれだけすごいか」というわかりやすい説明なのだが、
第六章では、グーグルの権力に対して警鐘を鳴らし、
いわゆる“グーグル八分”について語っている。
誰かが「検索できないものはない。もし検索してひっかからないなら、
それはそもそも世界に存在しないものだ」と言っていた。
(前にすーさんが「羽生 かっこいい」で検索して、
世の中に羽生名人がかっこいいと思っている人がいるかどうか調べてたね。)
グーグルで検索できないものは、ネット社会で存在しないことになってしまうのだ。

『ウェブ進化論』が書かなかった「日本における具体例」と「グーグルの負の部分」
にふれている点で、かなりおもしろく読める本。
梅田氏のブログでは「グーグルをどう語るかを巡って」として、
この本が描いた「グーグルの負の部分」について、詳しい意見交換がされている。
著者の意見と梅田氏の意見、それに対する竹熊氏の意見、
さらにそれに対するユーザーたちのコメントが一望できる点で、ブログって便利だ。


« 『デジタルな生活』 | トップページ | 『きいろいゾウ』 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/1609708

この記事へのトラックバック一覧です: 『グーグル Google』:

« 『デジタルな生活』 | トップページ | 『きいろいゾウ』 »