« めがねっ子 | トップページ | 『革命メディア ブログの正体』 »

『チャーリーとチョコレート工場』

チャーリーとチョコレート工場
『チャーリーとチョコレート工場』

『シザーハンズ』にはじまり、『マーズ・アタック!』といい
『ビッグ・フィッシュ』といい、私はティム・バートンとは相性が悪い。
『マーズ・アタック!』の描く世界も物語も私好みなはずなのに
なぜかまったくノレない。
比較的、毒の少ない『ビッグ・フィッシュ』でさえも、素直に感動できなかった。
ましてや、毒々しいまでに極彩色なファンタジーである。苦手だ。

ブラック・ユーモアというからには笑えなければいけないと思うのだが、
かわいげのない子供たち(主役を含む)にも、彼らに対する仕打ちにも
不気味なコーラスにも、まったく笑えなかった。
(『2001年宇宙の旅』のパロは良かったけど、ひねりがなさすぎ。)
なによりもファンタジーなのに楽しくない。

私はジョニーが大好きなので、
白塗りしようが、あいかわらずヘンな演技をしようが
驚きはしないが、もうティム・バートンからは卒業してもいいんじゃないか。

あと、最近のDVDにありがちだが、
本編再生を押してもすぐに本編は始まらず、ウンパ・ルンパが登場して、
チョコレートを注ぎ込み、チョコレートが溶けてから本編が始まる。
1度ならおもしろいが、音声や字幕を変更するたびにこれだと
「えーい、ささっと始めろ」と怒鳴りたくなるぞ。


« めがねっ子 | トップページ | 『革命メディア ブログの正体』 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/1434307

この記事へのトラックバック一覧です: 『チャーリーとチョコレート工場』:

« めがねっ子 | トップページ | 『革命メディア ブログの正体』 »