« 『グーグル Google』 | トップページ | 『銀座並木座』 »

『きいろいゾウ』

きいろいゾウ
『きいろいゾウ』
西加奈子・著
小学館

基本的に新潮文庫の人で、現代小説はあまり読まないのだが、
なんとなく読んでみた。
田舎にひっそりと暮らすムコさんとツマ、若い夫婦の物語。

前半の幸せな毎日を壊さないように静かに暮らしている感じが好きだ。
江國香織の『きらきらひかる』の“銀のライオン”や
夏目漱石の『門』の夫婦を思い出す。
後半になって、それぞれが抱えている秘密があきらかになって
それを乗り越えていく話になるのだが、そこらへんはちょっと甘い。
田舎に住む人々=優しい老人たちって描き方も
ファンタジーだとしても、そんなことはないだろうと思う。

私が言っても説得力がないのだが、
夫婦がずーっと一緒に暮らしていくって大変なことなんだなぁと。

« 『グーグル Google』 | トップページ | 『銀座並木座』 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/1639642

この記事へのトラックバック一覧です: 『きいろいゾウ』:

« 『グーグル Google』 | トップページ | 『銀座並木座』 »