« 今週の記録 | トップページ | 不定時法 »

『見て楽しむ江戸のテクノロジー』

見て楽しむ江戸のテクノロジー
『見て楽しむ江戸のテクノロジー』
鈴木一義・監修
数研出版

からくり人形や万年時計、エレキテル、魔鏡など江戸時代の科学技術を紹介した本。
鎖国というと閉鎖的なイメージがあるが、江戸時代はまれにみるほど安定した時代であり、
独自の文化が発展した、という。
“和算”と呼ばれる高度な数学を庶民レベルで見につけていた話、
東芝の前進である田中製作所を創業した田中久重が、
“からくり儀右衛門”の異名をもつからくり師だった話などおもしろい。

江戸の時刻を「暮れ6つ」とか「卯の刻」と数えるのは知っていたが、
それが、昼の時間を6等分、夜の時間を6等分する“不定時法”だ
ということは初めて知った。つまり、季節によって時間の長さが違うのだ。
最近ではすっかり夜明けが早くなり、昼の時間が長くなったけど、
それを時刻として知ることができるなんて、なんてロハス!(ちょっと違う?)

田中久重が作った万年時計は6面それぞれに、洋時計(今の定時法)、
和時計(「9つ」、「8つ」と時を刻む)、二十四節気(「立夏」、「大雪」など)、
月齢までも表示し、天頂部のミニ・プラネタリウムでは季節にあわせて
太陽と月が回転するっていうんだからすごい。
もっと簡単なやつでいいから、不定時法時計がほしい。
(と思ったら『たのみこむ』で売ってた。高いけど。)
なんていうか、夏は時間が長くて、冬は時間が短いって、自然でいいじゃないか。

巻末に博物館リストも掲載されており、
平賀源内のエレキテルは、逓信総合博物館にあるそうなので、
そのうち見に行ってみよう。


« 今週の記録 | トップページ | 不定時法 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/1980933

この記事へのトラックバック一覧です: 『見て楽しむ江戸のテクノロジー』:

« 今週の記録 | トップページ | 不定時法 »