« 今週の記録 | トップページ | 『アディダスVSプーマ』 »

新日曜美術館

新日曜美術館で『時代の顔をつくる~建築家 丹下健三が生きた道~』
というのをやっていた。でてくる建物は
平和記念公園や代々木体育館、万博、都庁など、めずらしいものでもないが、
案内役がどっかで見たことがあるなと思ったら藤森照信だった。
弟子またはライバルとして、黒川紀章菊竹清訓がコメントしていて
私は途中から見ていたのだが、ほかにも伊東豊雄安藤忠雄が出てきたらしい。
このメンバーが丹下を語るというのはなかなかおもしろい。

菊竹清訓の設計事務所だと思うのだが、
“日の丸のようなオレンジ色の円を背景にしたソフィテル東京”のポスターが
貼ってあって、それをバックに菊竹氏がしゃべっていた。
彼にとっては今でもあれはOKなんだなー。

Showa
菊竹清訓設計の昭和館。
デザインと呼ぶにはあまりにも傍若無人な建物。

« 今週の記録 | トップページ | 『アディダスVSプーマ』 »

「建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/2158743

この記事へのトラックバック一覧です: 新日曜美術館:

« 今週の記録 | トップページ | 『アディダスVSプーマ』 »