« 『セックスと嘘とアダルトビデオ』 | トップページ | 『俺が近所の公園でリフティングしていたら』 »

『ホテル・ルワンダ』

ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション
『ホテル・ルワンダ』
at 下高井戸シネマ

1994年に起こったルワンダの虐殺の際に、難民たちをホテルにかくまい、
1200人の命を救ったホテルマンの物語。

ルワンダの虐殺はそれほど昔の話ではないので、名前だけは私も覚えている。
フツ族とツチ族の民族間の対立から、100日間で100万人が殺されたという。
映画では残虐な場面はトーンを抑えており、テレビの映像を通してだったり、
霧の中の死体の山といったように、ぼかして描かれている。
これは監督が意図したことで、「これはホラー作品ではないし、多くの人に
映画を見てもらうことが何より大切だから」と言っている。
『母たちの村』もそうだったけど、伝えたいメッセージがある場合は、
感情的に訴えるよりも、静かに語るほうが効果的なのだ。
「ナタで殺されるよりは飛び降りろ」とか
「殺す前にツチ族の女を味わえ、フツ・パワーを見せつけろ」
といった台詞だけで十分怖い。

映画だけだと、悪いのはフツ族の民兵のように見えるが、
実際には、ルワンダの支配国だったベルギーが、フツ族とツチ族の対立を利用し
ツチ族がフツ族を支配していた歴史なども背景にあるわけだが、
そこらへんはあえてくどくど説明していない。
虐殺はフツ族とツチ族の間にだけ起こるものではなく、
映画が伝えたかったのも過去の事件の恐ろしさではないので、
これはこれでいいのだろう。

ポールを英雄ではなく、家族を救おうとしたら、
結果的に1200人の命を背負うはめになってしまった普通の人として
描いているのも好感がもてる。
数々の難関を乗り越えてどうやって安全地帯へ逃れるか、
サバイバルゲームのような緊張感も映画として最後まで飽きさせない。
(不謹慎な言い方だが、映画はエンターテイメントなのだから大事なことだ)

無力な国連の象徴という、あまりおいしくない役ながら、
ニック・ノルティの存在感は抜群。
ホアキンは悪い役じゃないのだが、クレジットをみるまで気がつかなかった。

« 『セックスと嘘とアダルトビデオ』 | トップページ | 『俺が近所の公園でリフティングしていたら』 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/2159252

この記事へのトラックバック一覧です: 『ホテル・ルワンダ』:

« 『セックスと嘘とアダルトビデオ』 | トップページ | 『俺が近所の公園でリフティングしていたら』 »