« 今週の記録 | トップページ | 『トンデモWeb業界』 »

『現代思想の遭難者たち』

現代思想の遭難者たち 増補版
『現代思想の遭難者たち 増補版』
いしいひさいち・著
講談社

ハイデガー、マルクス、フーコー、ドゥルーズ、デリダなど
哲学者34人をいしいひさいちの4コママンガで紹介。
元ネタを知らないとパロディを楽しめないのと同様、
哲学者たちの思想を知らないと、わからないネタが満載。
ちょっとはわかるフロイトやレヴィ=ストロースは笑えたが、
あとはこれがネタなのかギャグなのか、
本当にそういう思想なのかちんぷんかんぷん。
それでも、マンガだからなんとなく読めちゃうんだけど。

というわけで、一度、ここらへんの現代思想に
かぶれたことのある人にはかなり楽しめるだろう本。
だけど、哲学入門書にするには笑いのレベルが高すぎ。

全体を通して書かれているのは、
哲学者といっても偉いセンセイではなく、
教え子に手を出したり、ほかの哲学者とケンカしたり(論争ともいう)、
非常に人間くさく、おろかで、かわいい人たち。
ある意味、言葉ばかりが先行してしまう哲学の本質を
ちゃらっと書いている。

『宇宙エレベーター』を読んで、
「科学と哲学の差ってあいまい」だと思ったけど、
実際に、哲学者の中には文学者や言語学者のほか、
物理科学者もいたりして、やっぱりここらへんは同じ世界なんだなと思ったり。

« 今週の記録 | トップページ | 『トンデモWeb業界』 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/2851019

この記事へのトラックバック一覧です: 『現代思想の遭難者たち』:

« 今週の記録 | トップページ | 『トンデモWeb業界』 »