« 『ウェブ2.0は夢か現実か?』 | トップページ | 今週の記録 »

『かもめ食堂』

かもめ食堂
『かもめ食堂』
at 下高井戸シネマ

フィンランドで日本食堂を開く3人の女性の物語。
小林聡美、片桐はいり、もたいまさこというキャスティングは
室井滋こそいないものの、『やっぱり猫が好き』そのもの。
監督の荻上直子は『やっぱり猫が好き2005』の脚本を担当してるから、
そのへんの縁なのか。

片桐はいりは、そのファニーな個性をぞんぶんに生かしていて、
立ち振る舞いだけで、おかしい。
それをさらに上回るのが、もたいまさこ。
窓から店をのぞいているだけでオーラを発しているし、
この人ならフィンランド語わからなくても会話できちゃうだろうなという気がする。
そして、このままではバラバラになってしまいそうな
キャラクターたちに小林聡美が一本芯を通している。

この3人だから、おそらく日本でいろいろあってそれを捨ててきたり、
過去をリセットしているだろう女性たちの暗さとか悩みがまったく感じられなくてもOK。
お金はどうしてるんだとか経済的な疑問をさしはさむ余地すらない。

この3人がフィンランドで日本食堂を開けば
それだけで映画ができるんじゃないか
という安易さが多少なりとも感じられて、
映画自体は十分おもしろかったものの、個人的にはあまり好きになれないところも。
お客がだんだんやってくるようになった過程とか、
フィンランド人たちとの交流は、ストーリーとして無理がある。
これはお話だから説得力なんかなくてもいいんだよ、というのもわかるけど、
映画自体はふわふわしたファンタジーみたいで、
3人のキャラクターがあるから、かろうじて地に足がついて見えるという感じだ。
『過去のない男』のマルック・ペルトラも言われないとわからないほど。

小林聡美が少女趣味入ったファッションで、
片桐はいりがカジュアル、もたいまさこがクラシックと
それぞれ学生時代から進歩していないファッション、
と衣装で上手に個性を表現していたり、
マリメッコなど、かわいい北欧雑貨がごろごろ出てくる。
(かもめ食堂のインテリアは、日本の食堂+アメリカンダイナーに
北欧っぽい白い木製家具といったところ?
でもあんなガラス張りの食堂、落ち着けなくて私は嫌だな。)

料理をおいしそうに見せるのは結構難しいと思うけど、
揚げ物の油の音、鮭を焼くじゅーっという音など
調理過程を上手に見せることで、ちゃんとおなかがすく映画になっている。
総じて、「ちょっと息抜きにどっか行きたいな」と思っている女性心理は
ちゃんととらえていて、それがヒットした理由じゃないかなと思う。

« 『ウェブ2.0は夢か現実か?』 | トップページ | 今週の記録 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/3308526

この記事へのトラックバック一覧です: 『かもめ食堂』:

» 小林聡美と室井滋さん [小林聡美情報ナビ]
小林聡美さんを大好きなファンのアンオフィシャルブログです!ありふれたファンサイトですが小林聡美ファンにお役にたてたらと思っています。 [続きを読む]

« 『ウェブ2.0は夢か現実か?』 | トップページ | 今週の記録 »