« 『ユニクロvsしまむら』 | トップページ | 今週の記録 »

『ハチミツとクローバー』

ハチミツとクローバー ~恋に落ちた瞬間~
『ハチミツとクローバー』
at 下高井戸シネマ

ねーさんとスーさんに遅れること数ヵ月。
今さら見てきました『ハチクロ』。

原作コミックは一部(竹本くんが自分探しに出て~帰ってくるとこ)を抜かして
読んでいますが、かわいい絵柄とか美大生活の雰囲気は悪くないと思ったものの
登場人物たちがそろいもそろってイライラさせる奴らばかりで、あまり好きじゃない。
ファンには人気のあるらしいコミカルな部分(ローマイヤ先輩とか毬男&類二兄弟)が
ストーリー展開とうまくマッチしていないとか、偶像劇といえば聞こえはいいけど、
いろんな人物の視点で物語が進行するので、結局誰にも感情移入できないとか、
漫画としては微妙な完成度だなーと思ってる(そこが良かったともいえる)。
実際、この世界に乗れるかどうか好みの分かれるところで、
『ハチクロ』や『のだめ』が売れ出したころ、「人気があるというから読んでみたけど、
どこがおもしろいのかわからなかった」という人も結構いたようだ。

そんな独特の世界を持つ『ハチクロ』だけに実写にするのはすごく難しかったと思う。
まだ竹本くんや山田さんは、こういう子いるかもみたいなキャラクターだが、
はぐちゃんは漫画だから許せる特異なキャラクターで、
そのまま実写にしてしまうと、リアルな世界ではかなり浮いてしまうはずだ。
その点、蒼井優はすばらしかった。
天才的な才能ゆえに人とうまくやっていけない内向的な感じや、
小動物のような雰囲気、絵を描くときだけ自由に生きられる、
そんなはぐみというキャラクターを見事に再現していた。
彼女が小さな声で「ひらがな」と言って笑えば、竹本くんでなくても一目ぼれする。
「長野県民の4割は海を見たことがないって本当?」と聞かれて、
眉間にシワをよせる顔は、原作のはぐちゃんそのものだ。
先日見た『鉄コン筋クリート』でも、蒼井優の才能に驚かされたが、
うまい下手以前に、彼女は天才的に演技のカンがいいのではないか。
いままでかわいい女の子だとは思っていたけれど、今後は女優としても注目したい。

竹本くん役の櫻井翔もよくがんばっていた。
森田役の伊勢谷友介はちょっとやりすぎな感もあるが、
原作のキャラクターが非現実的だったのを考えると、よく現実の人物にしていると思う。
山田さんはがんばってるけど、元のキャラクターが痛いので
(原作でいちばんイライラ度が高い)がんばればがんばるほど、現実感がなくなる。
真山も同様。主役級の中で彼がいちばん実写度が低かった。
花本先生は原作での展開を考えるともっとかっこよくても良かったのでは。
原作のイメージに忠実に演じている理花が、いちばん浮いている点でも実写の難しさがわかる。

かように、この映画は映画としておもしろかったかどうかよりも、
どこまで原作を実写化できているかが最大のポイントになってしまう。
この映画を見に来る客の多くは原作ファンなのだから、
それはそれでいいのかもしれない。
むしろ毬男&類二兄弟が原作より浮いていなかったことに驚き。

青春映画だから当たり前なのだが、
山田さんが「人生って大変だよね」と言うとき、
あんたはただ「真山が好き」って言ってるだけじゃんという気がしてしまうのだが、
大人になった今、恋愛より大変なことって世の中にいっぱいあるよなーと思う。
好きだとか嫌いだとか、それだけで世界が回ってられるのは青春時代だからこそ。
『ハチクロ』の原作は全10巻かけて「君を好きになったことは無駄じゃなかった」
ってことを書いてるわけで、ストーリー構成に難のあった原作にしては、
あの最終回はよくできている方だと思うのだが、
意味がわからなかった「ハチミツとクローバー」というタイトルをうまく使っている。
で、映画を見て、あー、あのタイトルはエミリー・ディキンスンの詩から取ったのね
と思っていたら、実際はスピッツのアルバム『ハチミツ』と
スガシカオのアルバム『クローバー』から取ったそうだ(by wikipedia)。
そのわりにはエミリーの詩はこの物語によくあっている。

草原をつくるには クローバーと蜜蜂がいる
クローバーが一つ 蜜蜂が一匹
そして夢もいる――
もし蜜蜂がいないなら
夢だけでもいい

エミリー・ディキンスン『自然と愛と孤独と』

To make a prairie it takes a clover and one bee,
One clover, and a bee,
And revery.
The revery alone will do,
If bees are few.

« 『ユニクロvsしまむら』 | トップページ | 今週の記録 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/4574236

この記事へのトラックバック一覧です: 『ハチミツとクローバー』:

« 『ユニクロvsしまむら』 | トップページ | 今週の記録 »