« アマポラス | トップページ | 『タイアップの歌謡史』 »

『東京から考える』

東京から考える―格差・郊外・ナショナリズム
『東京から考える 格差・郊外・ナショナリズム』
東浩紀、北田暁大・著
日本放送出版協会

東浩紀と北田暁大、2人の論客が東京をテーマに討論。
西武によって作られた街、渋谷、
子供にセキュリティータグを持たせて監視する青葉台、
独自の文化が開発によって消えようとしている下北沢、
大型スーパーやレンタルショップが立ち並び、
同じように“ジャスコ化”する郊外の景色などから都市を考える。

たいした内容でなくてもわざと回りくどい言い方をしてるような
ポストモダンな言い回しはどうかと思ったり、
基本的に印象論でそれぞれの街を語っているので、
実際に住んでいる人から見たら異論もありそうだと思ったり、
知的レベルで都市を比較するのは高い目線から語られているようで
嫌な感じを受けたりするのだが
(「六本木ヒルズは資産はあっても知的資産は低そう」とか)
論じられている内容はなかなかおもしろい。

「サブカルチャーと都市の関係をどう考えるのか。
階級でもエスニシティでもなく、“趣味が街を作る”」
その例が秋葉原や下北沢だったんだけど、
今、街の個性を残そうとすると、テーマパーク的になってしまう、とか。
“ジャスコ化”してるという意味では、郊外も六本木ヒルズも同じじゃないか、とか。
『「ニート」って言うな!』とか『世田谷一家殺人事件』の話が出てきたかと思えば、
懐かしの『シティロード』や宮台真司『制服少女たちの選択』が話題になったり、
論客っていう人たちは本を読んでるというより、
論を弄んでいるような感じも受けたり。

◆読書メモ

たしかに、僕はリアルな身体としては郊外に住んでいたけれど、
ヴァーチャルな地元意識はむしろ渋谷とか港区にある。
でもそれもやはり偽物ですよ。北田さんにとっての渋谷は、
パルコ的イメージに象徴されるような虚構だという話があったけど、
僕にとっての渋谷はオンライン・ロールプレイングゲームみたいなものです。
キャラクターとしての僕はずっと渋谷にいる、でもそれはあくまでキャラでしかない、
プレイヤーとしての僕は青葉台にいるけど、リアリティはゲーム内空間にある。

そのとき、渋谷はイメージと全然違うと感じて、かなり絶望を感じたんですよ。
「もっとお洒落な街のはずじゃないか、話が違う」という感じで。

中学生ぐらいまでのときって、
いちばん生産的に都市を受容しているような気がしますね。
自分の目で見ていますからね。
情報の精度が違う。

若林幹夫さんは、『シティロード』や『ぴあ』について、
「60年代末の大学紛争=闘争を頂点とする「政治の時代」の後で、
その「敗北」の翳を色濃く残しつつ、
「文化」が新たな実践の場として浮上していったという、
当時の文化的・社会的状況とともにあった」と述べています。

『シティロード』的なものが敗北するきっかけとなったのは、
おそらく『Tokyo Walker』的な、大手出版社から出される、
それこそ「マニュアル」化された情報誌の登場だったと思うんですが、

『ぴあ』『シティロード』と『Tokyo Walker』を対照させると
70年代と80年代半ば以降の断層が見えてくるように、
『東京人』と『散歩の達人』を比較してみると、
80年代半ばと90年代半ばの断層が見えてくるように思えます。

猪瀬直樹『土地の神話』
東急グループの誕生

『パルコの宣伝戦略』
73年~76年 線開発 西武百貨店渋谷店とパルコを結ぶ「線」
77年~80年 面開発 ファイヤー通り、スペイン坂を開発、
パルコ界隈の「回遊性」が高まる。東急がハンズ(78年)、109(79年)オープン
81年以降 広域開発 スタジオパルコ、ショールーム開発、
東急がBunkamuraをオープン、公園通り/文化村通りという二大幹線ができあがる
西武と東急という資本によって渋谷が広告都市化していった

西武=広告都市と東急=広告郊外とは、メディアなどを使いながら、
シミュラークル的に都市を構築していこうという欲望の、
かたや「盛り場ヴァージョン」、かたや「住居ヴァージョン」なんだと思います。
広告都市と広告郊外、その共犯的な対照関係が
もっとも鮮明に現れるようになったのが、渋谷の開発が一段落し、
郊外育ちの団塊ジュニアが中高生となる80年代である。

「趣都」秋葉原の誕生と「広告都市」渋谷の「死」は
同じ事態の表裏であるような気がします。

« アマポラス | トップページ | 『タイアップの歌謡史』 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/5377836

この記事へのトラックバック一覧です: 『東京から考える』:

« アマポラス | トップページ | 『タイアップの歌謡史』 »