« 『次世代ウェブ』 | トップページ | 『編集者という病い』 »

ランニング・メソッド

7km 49分36秒77

新コース開拓中なので、いつもの公園ではなく、
ちょっと離れたところにある別の公園の外周を走る。
走ってみて初めてわかったが、
3分の1上り、3分の1下り、あと平坦、という疲れるコース。

『金哲彦のランニング・メソッド』を読んだので、
いざ実践と思ってみたものの、
「丹田、肩甲骨、骨盤を意識する」って結構難しい。
ジムでヨガやマットピラティスをやったことがあるので、
丹田はなんとなくわかるものの、
肩甲骨や骨盤はまったく動いている気がしません、金先生!

金哲彦のランニング・メソッド
『金哲彦のランニング・メソッド』
翼のはえたランナーの表紙が夢をかきたてる。
「丹田、肩甲骨、骨盤を意識した美しいフォームなら、
長い距離も楽に走れます」という先生の言葉に
「なんだかんたんじゃん」と思ったが、実践は難しい。
コメントするたびにでてくる笑顔の先生の写真や
肩甲骨の位置をわかりやすくするためだと思うが
男性が上半身裸で走ってる写真にちょっと引く。

« 『次世代ウェブ』 | トップページ | 『編集者という病い』 »

「マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/5655038

この記事へのトラックバック一覧です: ランニング・メソッド:

« 『次世代ウェブ』 | トップページ | 『編集者という病い』 »