« 『クリエイター・スピリットとは何か?』 | トップページ | 『字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ』 »

東日本国際親善マラソン

出場したよ、走ったよ。
真理ハーフに続いて2回目の大会出場です。
普段はおいそれと入れない米軍基地内を走るという点に引かれたのですが、
そのためいろいろ規制も厳しい。
大会から届いた案内にはゲートパスが同封されており、
「ゲートで登録名簿チェックやMP(憲兵隊)の手荷物検査に時間がかかります」
「昨年の待ち時間は60分~90分でした」
「持ち込み禁止 カメラ・ビデオ、刃物類・エアガン ビン類……」
「前回は持参したペットボトル飲料を試飲させられました」
「荷物預かりあり。1個200円。毎回盗難ありご注意を」
などなど、本当にこれはマラソン大会の案内なのかと思うほど怖い文章が並ぶ。

ドキドキしながら相模原駅に到着しましたが、
ランダムで荷物検査が行なわれていた程度で
怖れていたMPチェックもなく、あっさりゲート通過。
(9時以前はもうちょっと厳しくて待ち時間30分くらいだったらしい。)
あまりにもあっさり通過できたので、受付や着替えをすませても
スタートまで1時間以上あまってしまいました。
それでも、おにぎりを食べたり、長蛇の列のトイレに並んだり、
ストップウォッチを忘れたまま荷物を預けてしまったり
ドタバタしているうちにスタート5分前に。
吹奏楽団の演奏に送られてスタート。

Pa0_0000
ゲート。基地内は撮影禁止なのだが、ねーさんが盗撮。

基地内は幅広い道路、緑の芝生に背の低い建物といった感じで、
東京近郊にこんなところがあるのかと思うほどアメリカンな雰囲気。
しかし、コースにはランナー以外まったく人の姿もなく、
雲の向こうに空が輝いている風景はエドワード・ホッパーの絵みたいで
美しくもあるのですが、どこか孤独で
『わたしを離さないで』のヘールシャムってこんな感じかなと思ったり。
どこまでも広々とした景色に距離感もなく、
長距離ランナーの孤独を感じながら走りました。

いろいろ感想
・コース内には日本庭園があり、走ってたのでよく見えなかったけど
松とか池とかが配置されていた。
この日本庭園の前ではなぜか和太鼓の演奏がランナーを励ましてくれる。
しかし、バックになぜかジャニの曲が流れており(有線?)
3周目にはなぜかTOKIOの『宙船』と和太鼓という組み合わせ。
「その船を漕いでゆけ~」って意外と励まされましたが。

・ごみ箱が少なかったせいもあるのだけど、
給水所付近の丘の斜面に紙コップがポンポン捨てられていて嫌な感じ。
捨てるにしても丘に投げなくたっていいじゃないか。

・途中、歩道を走るのだが、5kmとか10kmに出場して帰っていく人が
ランナーを気にもせず、道を横切っていくのは迷惑だった。
応援してくれなくてもいいけど、走ってる人の邪魔になるのはどうなの。
係のおじさんが「同じランナー同士だろう」と怒っていたけど本当だ。

・ハーフは基地内を約3周するのだが、1周(8kmくらい?)しないうちに
先頭ランナーにどんどん抜かされる。
2周目を走ってるときに、何人かのランナーに「がんばろう」と声をかけられた。
向こうは3周目でもうすぐゴールなので、いちばん辛いときだろうに、
その余裕がかっこいいと思いました。ああいうランナーに私もなりたい。

・コースはところどころ向かい風がきつく走りづらいのだが、
風が止むと気温が上がって暑いので、そうなると向かい風でも
いいから吹いてくれないかという気分になる。
追い風のときは真理の教訓を生かしてせっせと走る。
風のない平坦なマラソンコースってないのかしら。

タイムは2時間29分51秒
最後まで歩かないで完走する、できたら2時間30分を切る
というのが目標だったので、なんとか達成。(残り9秒ってとこがセコイ)。

Pa0_0001
ゴール地点。

Pa0_0002
わらわら走る人々。

Pa0_0005
唯一、米軍を感じさせる給水車。

« 『クリエイター・スピリットとは何か?』 | トップページ | 『字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ』 »

「マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/6234282

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本国際親善マラソン:

« 『クリエイター・スピリットとは何か?』 | トップページ | 『字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ』 »