« 今日の記録 | トップページ | 『IKEA超巨大小売業、成功の秘訣』 »

『フィリピーナはどこへ行った』

フィリピーナはどこへ行った―日本から消えた彼女たちの「その後」
『フィリピーナはどこへ行った 日本から消えた彼女たちの「その後」』
白野慎也/著
情報センター出版局

法改正によって日本への入国が厳しく規制されるようになった
フィリピーナたちのその後を追って、フィリピンで現地取材したルポ。

なのだが、著者のフィリピーナに対する熱い想いにかなり引く。
インタビューした女の子が
「お金持ちになっていい生活をしたい」と言うと嫌悪感を抱き、
「家族のためにお金を稼がなきゃ」と言うと健気だと涙する。
彼にとって癒しや清純以外のフィリピーナは認められないみたいで、
その熱い想いはほとんど妄想だ。

なんども「法改正の犠牲者」という言葉が出てくるが、
日本に出稼ぎに来て、日本人のお酒の相手をすることが
彼女たちにとって本当に幸せなことだったと言えるのだろうか。
そりゃ、フィリピンで売春しなければ生活できないより、
日本で比較的楽な仕事で家族に送金できたほうがいいかもしれないが、
フィリピンでまともな仕事でまともに稼げるなら、異国の地で働くより幸せだろう。

日本人の恋人にお金を送ってもらうフィリピーナの生き方や
妻子がいながらフィリピーナとつきあっている日本人男性を非難しているけど、
自分の想いは“同情”や“恋”で、
ほかの男性の気持ちは邪まなものなんだろうか。
彼女たちに何もしてあげられない無力は同じだろうに。
本当に彼女たちの幸せを考えるなら、(可能かどうかは別として)
やるべきことは来日規制に反対することや
フィリピーナにお金をあげることではなく、
フィリピンの政治や生活自体を変えることではないのか。

そもそも、来日規制が厳しくなった原因が、
アメリカのイラク戦争の際に、フィリピン人が人質にとられたため、
フィリピン軍が撤退、その報復措置として
人権を理由に日本への出稼ぎをアメリカが非難したことが始まりだという。
フィリピンでは「出稼ぎ=売春」と見られており
キリスト教の倫理観が強いフィリピンでは女性たちの罪悪感も大きい。

「売春した女の子はみんな地獄に行く事に決まっているの。
だから私は死んだら地獄に行くの。」

「日本に出稼ぎに行くエンターテイナーはフィリピンの恥」
アロヨ大統領

« 今日の記録 | トップページ | 『IKEA超巨大小売業、成功の秘訣』 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/6023434

この記事へのトラックバック一覧です: 『フィリピーナはどこへ行った』:

« 今日の記録 | トップページ | 『IKEA超巨大小売業、成功の秘訣』 »