« 梅酒 | トップページ | 『ウェブ社会の思想』 »

富里スイカロードレース

に参加しました。
3回目の大会出場です。

朝6時30分に新宿で待ち合わせて、京成成田に着いたのが8時30分。遠い。
さらに、会場まではバスで30分かかるのですが、これが長蛇の列で
会場に着いたのは9時50分。スタート時間は10時10分なので、後20分しかありません。
「40歳以上のレースに変更させてくれないか」と交渉したものの、ダメだと言われ、
急いで着替えて、荷物を預けて、更衣室を出た途端、スタートの号砲が。
スタート地点がわからず、うろうろ、スタート地点まで走るはめに。
号令が鳴ってから全員がスタートするまで、7分近くかかったため、
なんとかスタートには間に合いましたが、アップもできず、走る前に疲れました。

Rimg0078b_1
京成成田駅前でバスを待つ列。これだけだとよくわかりませんが、
駅の改札を出たところから、トンネルを通って、写真を撮ってる交差点、
交差点の下でさらに列を折り返して、信号を渡ったところまで列が続いている。

大会自体は、給水所ならぬ給スイカ所があるユニークなもので、
スイカの仮装から、スパイダーマンやショッカー、ウサギにサルなど着ぐるみも多く
お祭り大会です。
(仮装してる人がほんとに多いので、ちょっとやそっとじゃ目立たない。
スパイダーマンがやたら子供に受けていたので、
ショッカーが「いいなー」とうらやましがっていたのがおもしろかった。
暑い中、着ぐるみで走ってるだけでもすごいですが、
「スパイダーマン、糸出して」ってよってくる子供を追いかけて、遊んであげたり、
「ウサギさん、かわいい」と言われれば「ありがとー」と声援に答えたり、
この人たちのサービス精神ってすごいなーと思いました。)

雨も困るけど、晴れて暑くなると走れないなーと、心配していた天気も、
曇りだったため、湿度はあったけど、比較的楽に走れました。

ホースで道路に水を撒きながら「来年も着てねー」と言っているおばさんがいたり、
子供が玄関先でながめていたり、
老人ホームのおじいちゃん、おばあちゃんが車椅子で応援に来ていたり、
最後の登り坂では、「坂は歩くところ。歩いて歩いて」と言っているおばちゃんがいたり、
町ぐるみの非常に楽しい大会でした。

結果は10.6km 1時間13分54秒
だいたいキロ7分で走ってるんですが、
給スイカ所と登り坂のあるところはキロ10分近くかかってました。

走ったあとも、試食コーナーでスイカが食べ放題なのが、
この大会の素敵なとこですが、2切れ食べて、
着替えてから試食コーナーに戻ったらもうスイカがなかった……。

スイカの直売コーナーで小さいのをお土産に買って、
さあ、帰ろうと思ったら、またバスが長蛇の列。今度は雨の中、1時間30分待ち。
1時間走るために、バスの移動が3時間30分、電車が4時間って、効率悪すぎ。
大会自体はとても楽しかったし、手作り運営でがんばってるのもよくわかったのですが、
交通事情とそのことに対する説明やフォローがまったくないのが残念でした。

Rimg0081b_1
マスコットキャラクター、とみちゃん。
参加賞のTシャツにも、とみちゃんがデザインされていました。
とみちゃんストラップも売ってたよ。

Rimg0083b
どこにでもいる、とみちゃん。
大きくて丸いスイカは、高くて(2個で3200円くらいだった)、重そうなので
350円の小さいスイカを購入。

« 梅酒 | トップページ | 『ウェブ社会の思想』 »

「マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/6986448

この記事へのトラックバック一覧です: 富里スイカロードレース:

« 梅酒 | トップページ | 『ウェブ社会の思想』 »