« 品川浅草六本木 | トップページ | 『ジャパナメリカ』 »

『ドリームガールズ』

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション (CDサイズ・デジパック仕様)
『ドリームガールズ』
at 下高井戸シネマ

シュープリームスをモデルにしたミュージカル映画、というより、
ジェニファー・ハドソンの歌がどれほどのものなのかという興味で見に行きました。

かのオーディション番組『アメリカン・アイドル』でファイナリストに残るものの落選、
『ドリームガールズ』でアカデミー賞助演女優賞を受賞し、
アメリカン・ドリームを地で行ったジェニファー・ハドソン。
アカデミー賞受賞式で「神様はすごいことをなさる」と言っていたのが印象的でした。
(「受賞は思いがけない」という台詞には「うそつけ。なんだその自信満々の態度は」
と思いましたけどね。この台詞もあらかじめ考えてきたんだろうな。)

結論から言うと私はあまり彼女の歌に感心しませんでした。
最初の方はステージとドラマをつないでいくミュージカル手法がうまくいってるんだけど、
ジェニファーの独壇場になっちゃうあたりは、感情的な歌い上げが続くので
まだ歌うのかこいつ、という感じ。
高く評価されてる『And I Am Telling You I'm Not Going』だけど、
この勢いで「私はあなたから決して離れない」とか歌われちゃうと、
うっとおしいにもほどがある。
『アメリカン・アイドル』で「君は髪型も歌い方もおおげさすぎる」と言われたらしいが、
彼女のうっとおしいほど圧倒的な存在感は演技じゃなくてそのままですね。
エフィはどんぴしゃな役だったからいいとして、
一躍シンデレラガールとなったジェニファーですが、
女優としても歌手としてもこの後が続くんだろうか。

歌を聞かせようという意図なんだろうけど、
『And I Am Telling You I'm Not Going』のほかにも
ビヨンセの『Listen』なんかも歌い上げ系で、
かつカメラ割りにあまり工夫がないので飽きちゃう。
(『One Night Only』みたいな切り替えはおもしろいのに。)

ミュージカル映画にストーリーうんぬん言ってもしょうがないけど、
人種差別の中、ブラック・ミュージックをポピュラーなものにした
モータウンについてはもっと突っ込んで描いてほしかったところ。
売れることをめざすなら、ソウルを失い、
“白人のような”洗練さを身に着けなければいけない。
その結果、手に入れた栄光とはなんだったのか?
ジェイミー・フォックスの演じた役がわりとつまんない描き方で
終わっちゃうのが残念。
シュープリームスの『恋はあせらず』なんて
私が聴くと、「松田聖子?」と思っちゃうんだけど、
それだけ後のサウンドに影響を与えてるわけで、音楽は永遠だからね。

« 品川浅草六本木 | トップページ | 『ジャパナメリカ』 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/6809356

この記事へのトラックバック一覧です: 『ドリームガールズ』:

« 品川浅草六本木 | トップページ | 『ジャパナメリカ』 »