« 『ウェブ社会の思想』 | トップページ | 『アイドルにっぽん』 »

『「世界征服」は可能か?』

「世界征服」は可能か?
『「世界征服」は可能か?』
岡田斗司夫/著
筑摩書房

世界征服って本当に可能なんだろうか?
悪の帝国の手段や目的はなんだろう?
世界征服って悪いことだろうか? 
そもそも『悪』って何だろうか?
っていうことを岡田斗司夫がまじめに論じた本。

マンガやアニメの例を引きながら、
世界征服の目的を
人類絶滅、お金が欲しい、支配されそうだから支配する、悪を広める
の4つに分類。
支配者を、
魔王:「正しい」価値観ですべてを支配したい、
独裁者:責任感が強く、働き者、
王様:自分が大好きで、贅沢が大好き、
黒幕:人目に触れず、悪の魅力に溺れたい
の4タイプに分類。
人材確保から資金調達、部下の管理、後継者問題まで
世界征服の手順をシミュレーションする。

意外と世界征服も大変なのねとか、独裁者って忙しそう、
ってなことをおもしろがって読める一方で、
「支配されそうだから支配する」例として上げられているジオン公国って
大日本帝国と大差ないんじゃないの?とか、
負けたから「悪のジオン」とされているけど、被支配者から独立することが悪?
というドキッとするような指摘もあちこちに。
「正しい」価値観ですべてを支配したい魔王タイプは、オウム真理教に近いとか、
マンガやアニメの世界のお話だと思っていた
“世界征服を企む悪の秘密結社”って、実は歴史上いっぱい存在していたり。

『レインボーマン』の死ね死ね団って名前しか知らなかったんですが、
第二次大戦のときに日本軍にひどい目に遭わされた東南アジアの人たちが結成、
ユダヤ系財源などが資金給与しているという裏設定があり、
「日本人皆殺し」が組織の目標だとか。すげー番組だ。

最終章は、現実的に世界征服を考えるとどうなるかという話で、
悪とは「人々の幸福を破壊する行為のこと」であり、
悪による世界征服とは「現状の価値観や秩序の基準」を破壊することであり、
現代であれば、「自由主義経済」と「情報の自由化」を破壊すること、
とかなり強引にまとめていますが、
今、アニメやマンガで「世界征服を企む悪の秘密結社」って言っても
昔ほど魅力がなくなってしまったのは、
世界征服自体が今の社会じゃ魅力がないからなんですねー。
アメリカの言う「グローバル・スタンダード」だって世界支配じゃないの?
金正日だって「贅沢」は海外から輸入するしかないんだよ、
っていう例は強引ですが、なるほどと思うところも。
楽しみながら世界経済についてまで考えられるおもしろい本。

◆読書メモ

「世界征服して、贅沢な暮らしをしたい」と考えている場合、
(世界征服を成し遂げる前に、資金調達の段階で)
もし経済的に成功してしまったらどうするのか?

『レインボーマン』の死ね死ね団
「1人百人殺すまで帰ってくるな」

権力者というのは、国民の生活を低く抑えると儲かるかというと、
そうではない。国民の生活を上げなければ自分すら贅沢できないんですね。
「人々を奴隷化したほうが豊かな暮らしができる」というのは大いなる誤解です。

ローマ帝国の歴史経緯は西欧諸国ではかなりの常識です。
たとえば『スターウォーズ』のお話を理解するためには、
「共和制→帝政」の理解が不可欠なんですけど、あまりそのあたりに踏み込んだ
スターウォーズ論は読んだことがありません。

世の中には金を出せば、もしくは権力さえあれば、こんなうまいものがあると
知りうる立場、それが「特権」であり、そういう人たちを「特権階級」と呼びました。
贅沢に値段がついて一般に流通してしまった瞬間、それは特権でもなんでもない。
ただ単に「値段が高い」だけです。たとえ一億円のフェラーリであれ、
一億円という値段がついてしまった瞬間に、買おうと思えば買えるものになってしまう。
「素晴らしいものの価値や存在を知っている」。
そういう知識の独占こそが特権階級の「特権」そのものなのです。

身分の格差を階級といい、経済の格差を階層と言います。
現在の日本には「階層」は存在しますが、「階級」は存在しません。
エルメスのバッグは80万円だから買えないだけであって、
エルメスのバッグなんてあることも知らないわけではない。
そんなことも思いつかない、そんなものは欲しくもないというのは階級文化で、
ただ単にお金がないから、銀座が遠いから、順番待ちだから手に入らない
というのは階層文化でしかありません。

« 『ウェブ社会の思想』 | トップページ | 『アイドルにっぽん』 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/6998826

この記事へのトラックバック一覧です: 『「世界征服」は可能か?』:

« 『ウェブ社会の思想』 | トップページ | 『アイドルにっぽん』 »