« 『フィロソフィア・ロボティカ』 | トップページ | ペリカーノ »

ちびっ子プレイランド

仕事で渋谷へ。
時間が空いてしまったので、お昼でも食べようと思ったのだが、
マークシティはどこも混んでおり、
伊東屋で買いたいものもあったので、東急東横店へ。
東急東横店はあちこち改装中だったり、建て増しの影響もあって、フロアは迷路状態。
南館3階にリニューアルオープンした伊東屋から
西館9階のレストラン街にたどり着くまで、
いくつも角を曲がったり、変な場所にある階段を登ったり。

9階でランチを食べて、帰ろうとすると、
屋上へ続くドアがあり、ちょっと出てみる。
天気が悪かったせいもあるのだが、そのあまりに寂しい風景に逆にときめく。

Rimg0239b
南館屋上。

Rimg0238b
南館屋上から見た西館。建て増し感が残っている。

私のほかに子供連れのお母さんが2、3人いるだけだったのだが、
学生らしき男の子たちがドヤドヤのぼってきて、うるさくなってきたので避難。
エスカレータで8階に下りると、ここにも屋上へ続くドアがある。
(フロアガイドで確認したら、西館9階からは南館の屋上へ、
西館8階からは東館の屋上へ出られるようになっている。
ちなみに西館の屋上には2001年にオープンしたフットサルコートがある。)

「ちびっ子プレイランド」と看板にはあるのだが、こちらもガラン。
雨のせいなのか、いつもこうなのか、古ぼけた遊具が寂しそうに並んでいる。
私のほかには、タバコを吸いにきたらしい男性や、
屋上が倉庫がわりになっているのか、デパートの作業員らしき人が
ときどき往来するだけ。

屋上の奥には遊具とミニゲームセンターとペットショップ。
昔は流行ってたんだろうけどなーと思ったところで、ふと思い出した。
「私、ここに来たことがある」

子供のころは新宿近くの保育園に通っていたのだが、
たまに保母さんが電車に乗って、デパートの屋上へ連れて行ってくれることがあった。
保育園で行くのだから、当然、1回100円とかする遊具に乗ることはできなかったが、
ウサギやハムスターがいる小動物コーナーがあって、そこで遊んだことを覚えている。
保育園で遊びに行くのはたいてい近所の公園で、
デパートの屋上はめずらしかったので、印象に残っている。
電車を降りてすぐエレベーターに乗った記憶があるから、
どこかの駅ビルの屋上にはまちがいないのだけど、
私はそれをずっと新宿の駅ビルで、京王か小田急だろうと思っていた。
そしてあの屋上遊園地はもうとっくに取り壊されているだろうと。
それが、ここなのである。
もちろんはっきり覚えているわけではないが、遊具の配置や
保育園からの距離も記憶とつじつまがあう。
記憶の中では、そこはいつも子供たちでにぎわっていて、
遊園地らしいプカプカした乗り物の音楽でいっぱいで、
私はいつか保母さんが乗り物に乗せてくれないかなーと期待していた。
たぶんここでまちがいないという確信と、記憶の残像みたいな現在の景色に、
遺跡でも発見したみたいな気分で、しばし呆然。

Rimg0248b
わんぱく島。200円払うと遊べるコーナー。象がレトロ感いっぱい。

Rimg0240b
わんぱく島の中。

Rimg0243b
右奥にペットショップ。記憶ではそこらへんに小動物コーナーがあった。

Rimg0245b
ウッドロッキー。「運賃100円玉2ヶお入れください」と書いてあり、
「100円玉2ヶ」の「2ヶ」があきらかに書き直してある。値上がりしたのね。

Rimg0246b
ウッドロッキーの線路。

Rimg0249b
イスとテーブルがそもそも70年代っぽいが、昔、あったかどうかは覚えてない。

いったいこの屋上遊園地がいつからあったのか、ググってみたのだが、
東急東横店(現在の東館)ができたのが1934年。
1950年~1953年には、トリビアにも出てきたロープウェイが
東急東横店から玉電ビル(現在の西館)までを往復していた。
その後、何度も増築、改装しているらしいので詳細はよくわからない。
東急自体、経営が苦しいはずだし、この屋上もそのうち、
改装されるなり、取り壊されるなりするんでしょうね。

Rimg0235b

参照
渋谷文化プロジェクト
デイリーポータルZ
TOKYU NEWS

« 『フィロソフィア・ロボティカ』 | トップページ | ペリカーノ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/7857895

この記事へのトラックバック一覧です: ちびっ子プレイランド:

« 『フィロソフィア・ロボティカ』 | トップページ | ペリカーノ »