« 『大奥』 | トップページ | 『走ることについて語るときに僕の語ること』 »

『電脳コイル』

電脳コイル (2) 限定版

NHKでは再放送も始まっているというのに、
今さら見終わりました、電脳コイル。

いい意味で、何度も予想を裏切られました。
最初の1、2話だけだと、近未来版トトロ?のような
ノスタルジックな世界なのだが、
(妹、京子のキャラクターとかモジャの造形は意識的だよね)
鳥居や廃墟を一歩くぐると、電脳世界ってところが素敵。
電脳メガネとか指電話とか電脳ポシェットとか、
特に説明がなくても近未来アイテムの役割がわかるところもおもしろい。

それこそトトロの時代であれば、
お化けや妖怪が棲んでいるのは森や暗闇になるんだけど、
ひと昔前なら、それは都会の街角や人込みの中になる。
そして、『電脳コイル』の近未来では、お化けは電脳世界に棲んでいるわけだ。
電脳世界がメガネをかけた子供たちにしか見えない世界だってのも示唆的。
(小説版では電脳メガネには年齢制限がある。
ハラケンのオバチャンの年齢が17歳ってのも意味深。)

イサコと黒客と戦いはサイバーアクション(ってジャンルはないか)っぽいし、
SF小説の引用と、小学生ラブをはさみ込みながら、
ヌルが出てくるあたりでは、ほとんどホラーの世界。

死者があの世からネットを通してこっちの世界にやってくる
という発想自体は、黒沢清の『回路』にもあったし、
それほどめずらしいものでもないだろうけど、
『マトリックス』で描かれたように、
ネット=バーチャル、嘘の世界、リアルではない、という通説を、
それは大人の発想で、子供には子供にしか見えない世界があって
子供にとっては、電脳世界の痛みも喜びも真実だと、
鮮やかにくつがえして見せるあたりが小気味いい。

バーチャルな痛みを、胸に埋め込まれたキラバグで、
バーチャル世界の真実を、電脳ペット、デンスケで、
わかりやすくビジュアル化している点もうまい。
(最初はブス犬にしか見えなかったデンスケですが、
最終回ではすっかりデンスケラブでしたよ。)

ヤサコが「手で触れないものが本当じゃないとしたら、
本当のものって何だろう。この胸の痛みは手で触れないけど、
本当じゃないの? この胸の痛みだけが真実だ」と悟る第24話は白眉。

最後の数話は急ぎすぎた感もあって、
結局、あの世界はひとりの少女の心が作り出したものでした、
っていう逆世界系的なオチは「なんだよー」って感じではあるのですが、
これだけレベルの高い作品が
NHKの子供向けアニメとして放映されていることがすごい。
(最近のアニメって大きなお友達向けが多すぎて、
本気で子供が楽しめる作品って少ないよね。
『電脳コイル』は大人も楽しめる子供のためのアニメだと思う。
登場する小学生が大人っぽすぎる感じもしますが、
たぶん、本当の小学生って頭の中では大人が考えるよりずっと大人だし。)

« 『大奥』 | トップページ | 『走ることについて語るときに僕の語ること』 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/9676148

この記事へのトラックバック一覧です: 『電脳コイル』:

« 『大奥』 | トップページ | 『走ることについて語るときに僕の語ること』 »