« 初RUN | トップページ | Beverly Hills 90210 »

『世界最高額の切手「ブルー・モーリシャス」を探せ!』

世界最高額の切手「ブルー・モーリシャス」を探せ! コレクターが追い求める「幻の切手」の数奇な運命

『世界最高額の切手「ブルー・モーリシャス」を探せ!
コレクターが追い求める「幻の切手」の数奇な運命』

ヘレン・モーガン/著
光文社

1847年、モーリシャス島で初めて発行された切手は
全部で1000枚しか発売されず、
「POST PAID」とするべき文字を「POST OFFICE」
と印刷していたために、稀少さから多くのコレクターを引きつけた。
オレンジ色の1ペニー切手と、ブルーの2ペンス切手は
“ポストオフィス”と呼ばれ、現在、残っているのは26枚
(真贋のはっきりしないものを入れれば27枚)。
本書ではポストオフィスをめぐる、発行の謎、
コレクターとディーラーたちの取り引き、
切手発見にまつわるエピソードをつづっている。

この本を読むまで、ポストオフィスなんて切手が存在することも
知りませんでした。このポストオフィス、どのくらい高額かというと、
1971年、日本人コレクターが、1ペニーと2ペンス切手の貼ってある
封筒を購入したときの価格が1億2000万円、
同じ封筒が1988年、ほかのコレクターに渡ったときの価格が
380万ドル、だそうです。一般人には絶対買えません。

実は、小学生の時に切手収集をしていたことがあるのですが、
単に図柄として綺麗かどうかがポイントで、
ウルトラマンカードか何かと同じように考えていたので、
同じ切手は“ダブり”だと思って、人にあげたりしてました。

ポストオフィス切手自体は図柄がそれほど魅力的だとも
思えないのですが、(実際の写真はここ
当時の総督夫人レディ・ゴムの舞踏会の招待状に貼られていたとか、
モーリシャス切手が有名になって古い手紙の束を探してみたら、
この切手が発見されて高額で売れたとか、
いくぶん逸話もまじったそのエピソードにはわくわくします。

私はめずらしい切手があると、水につけて封筒からはがしていたけど
(それが正しいはがし方だと切手収集の本に書いてあった)
現存するポストオフィスの中で、一番魅力的だと思うのは、
未使用のブルー・モーリシャスではなく、
封筒ごと残っている“ボルドーの手紙”。
モーリシャス島と交易のあったボルドーに届いたこの封筒には
イギリスやフランスを経由してきたスタンプがいくつも押してあって、
(モーリシャスからボルドーまで手紙が届くには85日かかった)
それだけで当時の雰囲気が伝わってきます。
このように切手が貼ってあって、消印が押されている封筒を
“エンタイア”と言って、ものによっては消印が残っている切手のほうが
価値があったりするというのも納得。

たんなる切手収集と区別して、郵趣家、フィラテリスト
という言葉が出てくるが、このコレクターたちの変遷がまたおもしろい。
1900年頃であれば、世界の切手を全てコレクションすることも
現実的に可能だったわけですが、
今となってはポストオフィス1枚とっても超金持ちでないと買えないわけで、
めずらしい切手が市場に出てくるのは、コレクターが死んだ時、ってのがまた。
その中で、日本人コレクター金井宏之が一時期は6枚も
ポストオフィスを所有していたってのがすごい。そんな人もいるんだ。

切手1枚とっても、そこにはいろんな歴史があるわけで、
そこが切手収集の一番の魅力だろうし、
ていねいな取材で、この本はそこをうまく伝えている。
今では家のどこにあるのかわからない私の切手帳を探して、
開いてみようかという気分になりました。

◆読書メモ

イギリス王室に仕える男が、ジョージ皇太子にこう話したという。
「殿下、ご存知ですか。どこぞの大バカ野郎が、たった1枚の切手に
1450ポンドの値をつけて競りおとしたそうですぞ」
するとのちのジョージ5世はこう答えた。
「ああ、その大バカ野郎は私だ」

« 初RUN | トップページ | Beverly Hills 90210 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/9700621

この記事へのトラックバック一覧です: 『世界最高額の切手「ブルー・モーリシャス」を探せ!』:

« 初RUN | トップページ | Beverly Hills 90210 »