« 『絶対ハイビジョン主義』 | トップページ | はけの森 »

『ケータイ小説的。』

ケータイ小説的。――“再ヤンキー化”時代の少女たち
『ケータイ小説的。 “再ヤンキー化”時代の少女たち』
著/速水健朗
原書房

著者の前著『自分探しが止まらない』は、フリーターから
海外ボランティア、あいのり、中田英寿、高橋歩、路上詩人まで、
“自分探し”にのめり込む若者たちを描いてみせた好著だったが、
(以来、本屋にならんでる本のほとんどが自己啓発本に見える)
豊富な事例ゆえに、なんでもかんでも“自分探し”のように
テーマがぼやけてしまった感もあった。
豊富なサブカル知識を駆使した語り口が、
速水さんの本のおもしろさだと思うのだが、
今回は“ケータイ小説”をテーマに、それがピタリとはまっている。

ケータイ小説に見る浜崎あゆみの影響、『NANA』、紡木たく、
ヤンキー文化の復権へと展開していく分析は非常にうまい。
私は『渚のシンドバット』の浜崎あゆみの演技が結構好きで、
場合によってはいい女優になったのに、と思っている。
最近、彼女が『ツインズ教師』でレイプされる少女の役を演じていたことを知って、
たしか『未成年』でも家庭教師によって妊娠してしまう役だったよなー、
浜崎ってB級アイドル時代はそんな役ばっかりだったのね、と思ったのだが、
それが「あゆの擬似レイプ体験とトラウマ語り」として、
すっきり説明されていたのは、わが意を得たりといった感じ。
また、矢沢あいの初期作品が(特に絵が)紡木たくによく似ていたのは
私も覚えているが(というか、あの頃、『別マ』とか『りぼん』って
紡木たくの亜流があふれていた)、それをヤンキー文化の潮流として
浜崎あゆみから遡ってみせるところがおもしろい。

ここらへんまでは、ケータイ小説を1冊も読了していない私でも
読み解けるかもしれないが、そこからさらに、
ケータイ小説の背景が郊外であること(東京の不在)、
デートDV、アダルトチルドレンへと進んでいくあたりは、なかなか。
特に『恋空』のヒロと美嘉の関係がデートDVであるという指摘は、
「こいつらのベタベタと束縛する関係が恋愛なのか?」
と思いながら読んでいた私には、ひとつ謎が解けた気分。

ケータイ小説に見る現代の若者の恋愛観を
「コミュニケーション能力の劣化」と上から目線で批判することは可能だが、
それをせず、「コミュニケーションが変容し、社会が変容したのだから、
恋愛のあり方も変容して当たり前」と、むしろ、
ケータイ小説を許容できない大人たちの無理解を指摘するあたり、
著者らしいというべきか。

◆読書メモ

ここで生まれた物語(『電車男』)は、語り手である著者がこしらえた創作物ではなく、
そこで行なわれたコミュニケーションの過去ログなのだ。

むしろ、現代のヤンキーは、すでに権威や権力、
つまり親や学校といった反旗を翻す対象を失っていると言えるだろう。

文学書全般が大都市でしか売れていないという状況は、
もう何年も前から言われている出版業界での常識なのだが、
ケータイ小説はそれを打ち破ることで大ヒットを生んだのだ。
『ケータイ小説活字革命論』でも、都市部ではなく、
郊外でケータイ小説が売れていることが書かれていたが
本書では具体的なデータが載っている。)

セックスとは、人間関係の中ではもっとも軋轢の少ない
イージーなコミュニケーションである。
互いに体を求め合うだけで承認を得ることを可能にするセックスは、
傷つけ合う可能性のある会話などに比べて、
よっぽど単純なコミュニケーションなのだ。

「つながること」自体が重要で、その中身はたいして意味を持たない
というコミュニケーションの変化が起こっているのなら、
恋愛においても「つながること」にだけ価値が置かれ、
濃密なコミュニケーションは失われていくのではないか。

ディスコ及びディスコ音楽は、1970年前後のニューヨークにおいて、
黒人やイタリア系移民、プエルトリカンといったマイノリティたちの
コミュニティで生まれたものだ。しかも、マイノリティの中のゲイという、
二重のマイノリティたちによって生み出されたものである。
R&Bという黒人音楽が、1950年代から1960年代にかけて行なわれた
黒人の公民権運動の広がりとともに生まれた文化全般を指すように、
ディスコとは、1970年から始まった同性愛解放運動の広がりとともに
発展した文化全般を指す。

« 『絶対ハイビジョン主義』 | トップページ | はけの森 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/21791696

この記事へのトラックバック一覧です: 『ケータイ小説的。』:

» 恋空 美嘉 [恋空 ドラマ化]
恋空 美嘉についての情報です。 [続きを読む]

» 恋空 YouTube [恋空 YouTube]
動画で観る「恋空」。映画に続いてテレビでもドラマ化! [続きを読む]

« 『絶対ハイビジョン主義』 | トップページ | はけの森 »