« 本『プラネット・グーグル』 | トップページ | 本『トンデモ偽史の世界』 »

東京10Kハロウィンラン

走ってきました!

かすみがうら以来なので、約半年ぶり。
10kmってまじめに練習してればたいした距離じゃないんですが、
(バリバリに練習してたときは1回15kmくらい走ってた)
今シーズンはまだ最高8kmまでしか走ってないので、多少不安もありました。
しかし、去年は仕事で見に行って、来年は走る側で参加したいと思っていたので、
とりあえず、スタートラインに立てたことで満足。

10kmは14時スタートなので、12時ごろに国立競技場に到着。
大会なのに早起きしなくていいのもラク。
ちょうど千葉選手のトークショーをやっていて、
「学生の頃から走ってたんですか?」
「私はー、テニス部に入ってましたー」というあの声だけ聞こえました。

ハロウィンランなので、まわりは魔女やらメイドやらパンプキンがいっぱい。
仮装グッズ(といっても髪留め程度)もちょっと探したんですが、
気に入ったものがなかったので、
私は結局、大会のTシャツ(オレンジ)を着ただけ。

P1000397b
国立競技場。

20081019135146
スタート地点(といってもほとんど最後尾です。)

20081019135200

コースは、国立競技場を中心に総合グランドをまわって、
銀杏並木を折り返し、絵画館の前を通る、2.5kmを4周。
ぐるぐる回るコースなので、距離感がなくて、
最初の1周ですでに飽きる。
そして1周の長さに今さら10kmって長いなーと。

20081019141526
なつかしの絵画館。
もっと撮ったつもりだったのに、失敗してたよ。

私はフルも10kmも同じようなジョギングペースで走りますが、
ちゃんとしたランナーは10kmをもっと速いペースで走るので、
1周目の銀杏並木折り返し地点で、トップランナーに抜かれる。
(結局、トップランナーには2回抜かれました。)
2、3周目も、より速いランナーたちにどんどん周回遅れで抜かれる。
向こうもこんなザコ、じゃまでしょうがないと思うが、
抜かれていくばかりなので、こっちも精神的にはあまりおもしろくない。
4周目になって、やっと同じレベルのランナーばかりになったので(失礼)
前の人を抜くことを目標にしながらテクテク走る。
(後半になるとみんなペースが落ちるので、
がんばってイーブンで走れば、ごぼう抜きできる。
というと、偉そうだが、モチベーションがないと
最後の1周なんて走りきれないのです。)
40人抜いたところでゴール。

10km 68分でした。
私にしては上出来。

ハロウィンランだけあって、仮装率も高く、
ゴレンジャーやバナナの木、プレスリー、アンパンマン、
女装してパンプスで走ってる人とかいて楽しいんですが、
競技場の外に出るとギャラリーも少なくて
(応援してくれる人や「なにあれー?」と言っている子供もいましたが)
いまひとつ盛り上がりには欠けるんですよね。
これは去年も見ながら思ったこと。
今年は司会者が一生懸命盛り上げようと、
「パンダがゴールしましたよー」とか騒いでいましたが、
それもなんだかって感じもしました。
せっかくのお祭り大会なんだから、ほかの大会にはない
ファンランイベントになるといいのになーと。

走り終わったあとは女子更衣室(仮設テント)は満員で、
着替えるのに列に並ぶことに。仮装してる人もいるので、
更衣室(あとできれば化粧スペース)の充実も希望。

帰りは表参道にでもよって行こうと計画していたのに、
いざ歩き出してみると、足がすごく重いので挫折。
回れ右して電車に乗って帰りました。
で、翌日は太ももや上腕二頭筋(?腕の上の部分)、
腹筋、背筋と、あちこち痛い。
それで思い出したけど、(喉もと過ぎると忘れちゃうんだよね)
私は健康で走れることにまず感謝すべきなのでした。

« 本『プラネット・グーグル』 | トップページ | 本『トンデモ偽史の世界』 »

「マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/24641284

この記事へのトラックバック一覧です: 東京10Kハロウィンラン:

« 本『プラネット・グーグル』 | トップページ | 本『トンデモ偽史の世界』 »