« クリスマスツリー点灯式 | トップページ | 母親讃歌ラップの謎 »

DVD『主人公は僕だった』

主人公は僕だった (Blu-ray Disc)
『主人公は僕だった』

「自分の人生の中では誰もがみな主人公」という歌詞がありますが、
これは、自分が小説の主人公だと気がついてしまった男の話。

着想はおもしろいけど、これが映画としておもしろくなるかどうかは
役者と演出がキモになると思うが、
きまじめな国税局の役人をウィル・フェレルが好演し、
ていねいで静かな演出もよい。
文学的ナレーション(この物語自体が小説だから)も心地いい。

エマ・トンプソン、ダスティン・ホフマン、クイーン・ラティファと
芸達者なキャストの中でも、マギー・ギレンホールが光っていた。
おばさん顔の彼女がこの映画ではとってもキュート。

『スモーク』のように、コーヒーを飲みながら、
静かな休日の午後に素敵な小説を読んだような気分になれる映画。


« クリスマスツリー点灯式 | トップページ | 母親讃歌ラップの謎 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/25604934

この記事へのトラックバック一覧です: DVD『主人公は僕だった』:

« クリスマスツリー点灯式 | トップページ | 母親讃歌ラップの謎 »