« DVD『主人公は僕だった』 | トップページ | 映画『クライマーズ・ハイ』 »

母親讃歌ラップの謎

先日、ねーさんとK嬢との間で話題になった母親讃歌ラップ。
長くなるけど、最近の若者文化に感じる違和感とも重なるので
書いてみる。
元ネタは速水健朗氏が書いていたコラムで、
母親への感謝を歌ったラップについて。

速水さんがあげていたのは同時期に発売された2曲、
SEAMO『MOTHER』 (2008年5月7日発売)
LGYankees『Dear Mama feat.小田和正』  (2008年5月9日発売)
だったけど、ググったらさらに2曲ありました。
かりゆし58『アンマー』 (2006年7月5日発売)
K DUB SHINE『今なら』 (2004年2月4日発売)

私はこのうちSEAMOの『MOTHER』がスーパーで流れていたのを
聞いたんだけど、正直、びっくりした。

 「明日朝7時に起こして」と言って
 あなた時間通りに起こしてくれて
 しかし 理不尽な僕は
 寝ぼけながらに言う言葉は「うるせぇ!」
 こんな繰り返しのルーティーン いやな顔ひとつせずに
 あなた 毎日起こしてくれた
 どんな目覚ましより温かく正確だった

母親へ感謝を捧げること自体はもちろんかまわない。
しかし、この言葉の幼稚さは何なのだ。
そして、てらいもなく捧げられる「お母さんありがとう」。
そのストレートさにむしろ薄気味悪いものを感じた。

で、ほかの曲も視聴してみたんだけど、
「色んな意味でSorry Mama」
「ホントいつもしてた親不幸
そのうち連れて行くよオアフ島」
(「親不孝」と「オアフ島」が韻を踏んでる気持ち悪さ)

この薄気味悪さを感じてるのは私だけじゃないようで、
「母親メッセージ系ラップに感じるものすごい違和感について」
というエントリーがうまくまとめている。
(速水さんの『ケータイ小説的。』が引用されてるのも近いものを感じます。)

細野晴臣は「SEAMOを“青年の主張”で
『MOTHER』はかっこ悪い」と批判してます。
「細野晴臣、「SEAMO」「青山テルマ」「 SoulJa 」をdisる」

こうやって並べてみると4つの曲はすごくよく似てる。
「貧乏で、苦労させて、パクられて泣かせたこともあって、
だけど感謝してる、産んでくれてありがとう」
というストーリー。
私は最初、お約束のストーリーがベースにあるのかと思ったんだけど
(車の前に飛び出した子供を助けようとして事故にあうとか、
目の見えない心優しい少女のために角膜を提供するとか、
そういう“お約束”ストーリー。)

で、見つけたのが次のコメント
「2pacの曲は米ラップ界の規定「母親もの」なんですが、
男子が皆刑務所にいくのが義務づけられている黒人社会では、
母親だけが親である、という単純な政治が背景になっているのが母親賛歌ラップ。
しかしこれが紋切り型になり過ぎで最近は酷いですね。
殺し屋の目にも涙、というテーマでお母さんについて歌い、
かつみんなこういうのを好む。」

2Pacについては何年か前(1996年)に射殺された
黒人ラッパー程度の知識しかなかったんですが、
彼のその名も『Dear Mama』は有名らしいですね。
歌詞と日本語訳はこちら
彼のお母さんは黒人解放を訴えたブラックパンサー党員で
牢獄で彼を産んだとか。そういう背景があるので、
『Dear Mama』の「母さん、感謝してるよ」には意味があるわけです。

私が知らなかっただけで、“母親讃歌ラップ”というジャンルが
黒人ラップにはすでにあったわけで、貧乏、暴力、感謝のモチーフも
この時点でそろっているし、父親不在なのも説明がつく。
それをパクったというか、自分のレベルで書いたら、
「刑務所」が「学校さぼった」になるんだろう。

元ネタがわかったところで、私的にはわりとすっきりしたんだけど、
それと同時に最初の4曲に感じた違和感(というかむしろイライラ)
って、たぶん「本気が感じられない」ことが原因なんだと思う。
彼らにしてみれば、本当にお母さんに感謝してるんだろうけど、
わかりやすいお涙頂戴ストーリーになってしまっていて
それを聴いて「感動した」っていうのって、すごく上滑りな感じがする。

古い例をあげると
沢田知可子の『会いたい』って曲が1990年にヒットしたけど、
恋人の死を歌ったこの曲に涙した女の子たちは、
おそらく恋人の死など経験していない。
そこに自分の小さな失恋を重ねて泣いているだけだ。
ちなみに『会いたい』の作詞は沢ちひろ、作曲は財津和夫。
wikiによると沢田知可子は応援してくれていた先輩を
交通事故で亡くしているけど、歌詞は沢ちひろのフィクション。
恋人を亡くした本当の痛みなどこの歌にはない。
(だからこそ簡単に失恋を重ねられる名曲になったんだと思う。
本当の死が描かれていたら簡単には涙できない。)
それと同じような「お母さんありがとう」を感じるのです。

一応、言っておくと、私だって母には感謝してるし、
母親讃歌に感動することを笑う気持ちなど微塵もない。
だけど「ありがとう」なんて、思ってるからこそ、
そんな簡単には口にできない。
「ありがとう」、「大好き」という言葉の軽さと
注意されたから頭にきて家族を殺害する動機の軽さは
表裏一体な気がするっていったら、うがちすぎでしょうか。

« DVD『主人公は僕だった』 | トップページ | 映画『クライマーズ・ハイ』 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

死ねよお前 お前の方が幼稚だろ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/25758538

この記事へのトラックバック一覧です: 母親讃歌ラップの謎:

« DVD『主人公は僕だった』 | トップページ | 映画『クライマーズ・ハイ』 »