« DVD『ミスト』 | トップページ | 本『あなたのTシャツはどこから来たのか?』 »

本『情報革命バブルの崩壊』

『情報革命バブルの崩壊』
著 山本一郎
文春新書

切込隊長こと山本一郎氏のタイムリーな一冊。

ネットの無料文化をささえてきた、
広告収入とIT業界に対する株式市場の過剰期待のバブルが
今終わろうとしている。

「ネット広告は、それほど収益性が高くなく、将来性にも乏しい。
Yahoo!など限られた大手サイトだけが広告売り上げを伸ばしているが、
それ以外の弱小サイトは、オンライン上のメディアの数が増えたこともあり、
クライアントを奪い合う形となり、媒体一つあたりの広告収入は
07年後半から減少曲面に入っている。」

「口コミと呼ばれるネットマーケティングも、
ネット上の祭りも、サクラや煽動で盛り上げ、
あたかも現象があるかのように作り上げ、
既存メディアにおもしろおかしく書きたてられることで
祭りが加速するという意味では同じ。」

「より大規模な投資と買収を繰り返すことで規模の拡大を実現してきた
ソフトバンクの問題とは、まさにいまその貯金を使い果たそうとしており、
かつ、ソフトバンクに対して常に追い風となってくれていた世界的な過剰流動性、
金余り曲面が終わってしまいつつあることにほかならない。」

などなど、はっとする指摘も多い。
ホリエモン逮捕にみる金融市場の事情や
ソフトバンクの自転車操業など、言われて初めて納得した話もある。
あいかわらずの山本節は小気味いいと同時に、
何もケンカを売らなくてもと思うところや文章的に読みにくいところもあるが、
今後、決してバラ色ではないだろうネット社会を見据える意味で
今、読んでおくべき本。


◆読書メモ

新聞はネットに読者を奪われたのだろうか?
読者は新聞記事を毎日、せっせと読んでいる。
無料のネットのサイトや、ケータイを経由して。
読者は新聞記事を読んでいるが、新聞を買わなくなっただけである。
新聞というパッケージが見捨てられこそすれ、
新聞記事という商品そのものはまったく価値を失っていない。

Googleがいかに賢く神の如き存在だと振る舞っていても、
平たく言えばデータがテキスト化された巨大データベースに過ぎないのだ。
いくらインターネットが便利だからといって、例えば貴方が昭和20年元旦に
当時の首相がどんな談話を残したと報道されたか調べようと思っても、
検索では教えてくれない。ネットによる情報革命とは、
ネットに情報が乗っかっていない限り、実は何の役にも立たない。

情報の価値という点から言うならば、文字・テキスト化され
インターネット上のアーカイブとして誰もが検索し閲覧できるような内容が、
果たして本当に価値を持つものなのかどうか、よく考えてみるべきだろう。

情報化社会は、自分が知りたい、知らなければならない情報に
アクセスできる効果的な手段は用意してくれた。
だが、知るべき情報量そのものを増やした結果、
自分が知らない情報や、知らない分野で判断を求められたときに、
必ずしも求めるべき正しい解答を与えてくれる社会になったとはいえない。

これを、私たちはソースロンダリングと呼んでいるが、
ネット内でさも偶然、自発的に盛り上がった話題を
取り上げたかのように装い、存在しないはずの事件や問題が
ネット住民の間では話題もちきりという形で報じるわけである。

これは、過去にリクルート問題や、西武問題で
「なぜリクルートだったのか」や「どうして西武なのか」
と考えると結構鮮明に見えるが、新しく出てきたコングロマリットを叩く
というよりも、国の意志決定者というのは顔が見えない代わりに、
誰が国を支える人で、誰がそうでないのかをかなりしっかり選別していて、
摘発できるタイミングや望ましくない風潮が拡大するタイミングでは
必ず何かのアクションを取ろうとする傾向がある。

長期的に見るならば事業戦略として将来の売上を担保に資金を導入して
現在事業の投資にあてるというのは、
技術革新を含む顧客満足の停滞を意味し、健全な競争というよりは、
猛烈に自転車を漕いだ先が崖というチキンレースの状態になる。

« DVD『ミスト』 | トップページ | 本『あなたのTシャツはどこから来たのか?』 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/26434081

この記事へのトラックバック一覧です: 本『情報革命バブルの崩壊』 :

« DVD『ミスト』 | トップページ | 本『あなたのTシャツはどこから来たのか?』 »