« 駅弁大会 | トップページ | 本『墓石の下には眠らない』 »

新宿シティハーフマラソン

P1010112b

走ってきました!

練習不足や前日徹夜だったこともあり、
朝起きたときは、眠いよー、寒いよー、棄権しちゃおうかなー
という気分でしたが、ノロノロと準備。

スタートの国立競技場はハロウィンランの時も来ているので
会場の様子はだいたい把握している。
着替え終わって、スタンドでのんびり開会式を眺めていると
(アップとかしろよ)、「次は『大新宿区の歌』を生演奏でお送りします」と。
『大新宿区の歌』なんて初めて聞きましたよ。
「画面に歌詞が表示されるので、みなさんもどうぞ」と言われても。

10分前になってスタート地点へ移動。
今回は関門が4つあって、
私のキロ7分ペースでは制限時間ギリギリなので
余裕がなくて写真撮ってないです。
ので、人様のムービーですが、

ハーフの部は約5000人が出場ということでしたが、
スタートは意外にスムーズでロスタイムは2、3分。
国立競技場のトラックを走っていると、
なんだかすごく楽しくなってきて、あー、出場してよかったという気分に。
と思ったら、スタートしてすぐ狭い道で渋滞が発生。
時々歩かされるはめに。
最初の5キロはペースアップして時間を稼ぎたい私としてはちょっと焦る。

コースは国立競技場~信濃町~四谷三丁目~
新宿通りを四谷見附あたりで折り返し~御苑トンネル~
新宿タカシマヤ~代々木~千駄ヶ谷~国立競技場で1周、
一部折り返し地点が変わって外苑西通りを走ったりしながら2周、
国立競技場周辺をもう1周してゴール
なんですが、最初はA地点、次はB地点と微妙にコースが変わるので、
自分がいったいどこをどの程度のペースで走っているのかさっぱりわからない。
キロ表示欲しいです。関門ですらわかりにくいので結構あせったり。

楽しみにしていた御苑トンネルは、500mもあるので、意外にすぐ飽きる。
車でもそうだけど、あの黄色い灯りが距離感をなくして異次元を走ってる気分に。
早く外に出たいからなのか、なぜかみんなハイペース。

しかし、知っている場所を次々と走るのはおもしろい。
東京マラソンに出た人が「私のホームグランドを走ってる」と書いてたけど、
たしかにそんな感じ。
私は子供の頃を代々木、千駄ヶ谷で過ごしていて、
一時期会社が信濃町にあったりしたので、あー、この町で育ったんだなと。

そして、区間は限られるとはいえ、新宿を交通規制しているわけで
あちこちで「これいつまで続くの?」とムッとしているドライバーや
歩道を渡れなくて困っている人に遭遇。
コースが次々変わるということは誘導する側も大変だろうなと。
私が走れるのはみなさんのおかげです。

朝、寒かったせいか、お腹が冷えるウェアのせいか、
途中でお腹が痛くなって、トイレに行ったり(3分ロス)
練習不足がたたって、15km以降は足が棒だったり
とアクシデントはありましたが、なんとか無事ゴール。
制限時間2時間30分に対し、2時間25分とギリギリセーフでした。
(私にしては十分、よくできましたタイムなんだけどね。)

P1010116b

参加賞はリュック。いつもTシャツだからこういうのも良いね。
帰り道にさっそく利用しているランナー多数。

で、体がロボット状態だったので、そのまままっすぐ帰宅。
帰るとすぐにぐーぐ寝ていたわけですが、
夜になって起き出して、ご飯を食べて、さらにシナモンロールをパクつく。
「レースの後のビールがおいしいから走ってる」という声をよく聞きますが、
私もこの満足感のために走ってるんじゃないかと、
シナモンロールを食べながら思いました。

« 駅弁大会 | トップページ | 本『墓石の下には眠らない』 »

「マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/27464654

この記事へのトラックバック一覧です: 新宿シティハーフマラソン:

« 駅弁大会 | トップページ | 本『墓石の下には眠らない』 »