« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

本『クラウド・コンピューティング』

クラウド・コンピューティング ウェブ2.0の先にくるもの (朝日新書)
『クラウド・コンピューティング ウェブ2.0の先にくるもの』
著 西田宗千佳
朝日新書

“クラウド・コンピューティング”とは何かということを
iPhone、Gメールをはじめ、具体的なサービスを上げながら解説。
信頼性や転送量など課題も指摘。

クラウド・コンピューティングについては、
それほど興味をもっていなかったのだが、
先日、仕事で会った人が『Windows Live フォト』を活用しているのを見て、
25GBのスペースがあるなら、写真をウェブに保存する
という考えもありだと思うようになった。
PCのHDDだけにデータがあるより、ウェブにデータを預けておいたほうが、
クラッシュにも強いし、利用しやすい。
(もちろん、個人的データをどうするかという問題は残りますが。)

とりあげられているサービスはそれほど目新しいものではないけれど、
全般を通して、クラウドによって何が変わるのか、
ということがわかりやすく書かれている。

“クラウド・コンピューティング”という言葉は
2006年8月、グーグルのCEOエリック・シュミットが使ったことに始まるが、
概念自体は新しいものではなく、過去にも類似のものとして、
ホスティング、ASP(Application Service Provider)、
ユーティリティ・コンピューティング、
1996年、オラクルが発表した「ネットワーク・コンピューター」、通称「NC」計画、
2000年、マイクロソフトが発表した「マイクロソフト.NET(ドットネット)」
などがあるという話はなるほど。
NC計画の「500ドルPCの実現」はまさに現在のネットブックの姿だ。

◆読書メモ

1990年代以降、様々なパソコンに関する記事を書いてきたが、
特に2000年以降、読者の興味が、圧倒的に「ハードウェアだけ」に
偏りつつあるように感じている。

自宅の回線での実効通信速度が、おおよそ8Mbpsだとする。
これは実は、CD-ROMからデータを読み込む速度と大差ないのである。
8Mbpsで通信ができる場合、「6倍速CD-ROM」という規格と
ほぼ同じ読み込み速度となる。
ネットワークの向こうにあるデータを読み出してもCD-ROMから読み出しても、
速度に大きな差はない、ということになるのだ。

そもそも、「データはパソコンの中に置く」という常識は、いつまで通用するのだろうか。

当時、同社(ネットスケープ)日本法人の重役を務めたある人物は、
筆者にこのようなコメントを残している。
「アプリケーションがサービス化すれば、OSにもう支配力はない。
もはやウェブブラウザーこそがOSなのだ」

ひこにゃ~ん

「ひこにゃん東京に出陣」というニュースを聞き、
日本橋高島屋の大近江展に行ってきました。

ひこにゃんの出演は10時からと15時からの30分。
しかし、10時って高島屋のオープン時間なんですけど。
そして高島屋のサイトには前日まで大近江展についての情報すらほとんどなく、
各ブログなどをチェックして、ひこにゃんはエスカレーター前広場に登場
ということを確認しました。

高島屋の前についたのは9時30分過ぎ。
すでに入口にはバラバラと人々が。
結局、全部で50人くらい集まってました。
10時ちょっと前に店員がやってきたので、少し早く扉を開けるのかと思ったら、
「雨の中お越しいただきありがとうございます。8階催会場には
エレベーターもしくは左手にありますエスカレーターをご利用ください。
それではオープンまでいましばらくお待ちください」
とたんなる牽制。そのまま3分ほどみんなでじーっと待つ。

オープンと同時にエレベーターに向かって駆け出す人々。
私はどうせエスカレーター前広場が会場なら
エスカレーターで行ったほうが効率がいいんじゃないかと考え、
エスカレーターへ(さすがに走ったりしなかったよ。)
オープン時間なのでワンフロア上るごとに
店員さんから「いらっしゃいませ」と挨拶されながら8階へ。
エスカレーター前広場はすでにひこにゃん撮影大会に。

P1010253b
愛想をふりまくひこにゃん。
ひこねお城大使のお姉さんたちも美人なのに、観客からはほとんどスルーされ、
ひこにゃんがもらったお土産を受け取って隅に運んだり、
視界の狭いひこにゃんのためにお土産を差し出している人を教えてあげたり
スタッフ状態なのがかわいそうだ。

その後、「たくさんのお客様いらっしゃっておりますので、
前列の方は交代をお願いします」とのスタッフの言葉で
後ろへ回る私。ほとんどの客はスムーズに交代していたけど、
いつまでも動かないお姉さんがいたりするのはどうかと思う。

P1010268b
エスカレーターの反対側。
ほとんどひこにゃんのお尻しか見えないのだが、
時々、こちらにも気を使って手を振るひこにゃん。
左隅にはお土産の山。
人が落ちないように下りエスカレーターの前に立ちふさがる店員など、
スタッフのがんばりを感じました。

ひこにゃんは慣れたもので次々ポーズを決めてくれるのだが、
さすがに30分間、撮影大会というのは辛そう。
「ひこにゃーん」、「かわいいー」という声以外は
無言で撮影を続ける人々、というちょっと不気味な光景が。
(15時の部では、お花をひこね大使のお姉さんとキャッチボールしたり、
正座したり、改善されたらしいですが。司会進行くらいいてもいいのでは。)

P1010280b
戦利品。とうふこんにゃく、びわますスモーク。
びわますスモークは最初に試食したときにすごくおいしかったので、
あとから買いに行ったら、また試食を差し出されたので、
「先ほどいただきましたから」と断わると、
「もう(つまようじに)差しちゃったからどうぞ。おいしいでしょ」
と再度いただきました。

P1010288b
戦利品その2。「ひこねのよいにゃんこ」は
厳密にはひこにゃん類似のキャラクターなのだが、かわいいからいいのだ。

ひこにゃん退場後は、狭いスペースに置いてあるひこにゃんグッズに群がる人々。
ぬいぐるみを手に迷っている人に、和服姿のおば様
(あとからわかったけどサンライズ出版の社長だった)が
「どれも同じ顔です。かわいくできております。
お決まりになった方はレジにお願いします」
と声をかけていたのが笑えました。
そのほか「ひこにゃん人形焼」にも列ができてたけど、
ひこにゃんの目的は観光大使なのだから、
他の品も見てあげてもいいのに、とちょっと思いました。
ひこにゃん見て、ひこにゃんグッズ買って、帰ってしまうのではあんまりだ。

彦根はひこにゃん誕生前に行ったことがあるけど、
かつては紡績で栄えた町が今は寂れてて
地道に観光を盛り上げようとしているのが感じられました。
だから、その後、ひこにゃんが登場したときは
がんばってるなーと思ったんだけど、こんな人気者になるとは。
(そのときの記事はこちらこちら。)

歌舞伎座さよなら公演

来年4月に建て替えが予定されている歌舞伎座。
今のうちに一度くらい中も見ておかなくては!
ということで歌舞伎座さよなら公演に行ってきました。

チケットの予約はネットで完了。
連続席や座席の場所を確認後、購入できるのも便利です。
チケットの引き取りは、松竹系の映画館や劇場にある
引取機にクレジットカードを入れるだけ。
しかし、1月の公演はあっという間に席がなくなり、
2月の公演もスケジュールの都合で一番安い席になりました。

P1010180b
2階から見たところ。
(ちなみに私の席は3階の一番後ろ。
幕見席のすぐ前だったので、後ろはわりとマニアな客で
「成駒屋!」「音羽屋!」みたいな掛け声もかかってました。)

演目は
菅原伝授手習鑑 加茂堤
           賀の祝
京鹿子娘二人道成寺
人情噺文七元結

『菅原伝授手習鑑』は有名なお話らしいですが、
台詞がだいぶわかりにくいので、イヤホンガイドは必須。
「賀の祝」は白太夫(左團次)70歳の祝いの日に、
桜丸(橋之助)が切腹するという悲劇。

『京鹿子娘二人道成寺』は踊りがメイン。
玉三郎と菊之助が花子を踊り、隣りの席の人は
「玉三郎が素敵だった」と言ってましたが、
まったく同じ着物なので私には区別つかなかったよ。

『人情噺文七元結』は江戸時代の作らしく、
台詞も話もわかりやすい人情物。いい話でした。

全部で11時~16時という長丁場ですが、
さよなら公演は人気のある作品を上演していることもあり、
今回の悲劇と踊りとコメディーは、私のようなビギナーにも
おもしろさのわかる、いい組み合わせでした。

休憩時間が10分、30分、15分と少ないので、
(これぞほんとの)幕の内弁当が売っていたり、
劇場内の食堂(吉兆もある)でお昼の予約ができたりしますが、
もう少し時間に余裕があるといいのに、と思ったりします。
途中から入ってくる客がけっこういるのにもびっくり。
クラシックコンサートなんかだと途中入場はできないもんね。
これも昔からの名残りなんでしょうか。

P1010174b

バッグインバッグ

買ったのはちょっと前なんですが、
便利グッズなのでご紹介。

P1000365b
ナイロンバッグインバッグ。
無印で購入。
左ポケットにケータイ、右ポケットにデジカメ。

使うかどうかよくわからないものも持ち歩いてしまうので、
荷物は多いほう。
カバンを買うときはなるべくポケットのたくさんあるものにするんだけど、
カギや名刺入れを探してゴソゴソすることはしょっちゅう。
これにしてから、かなりスッキリしました。

P1000366b
中に名刺入れとティッシュ、手帳とか。
さらにチャック付きの内ポケットにSDカードとか。

P1000367b
外側のメッシュポケットには付箋。

測ったらA5サイズ(148mm×210mm)でしたが、
無印のサイトに掲載されていたのはA6で850円。
色やサイズ、素材もいろいろありますが、
なるべく軽いものということで、私はナイロン素材で、
サイズは店頭でカバンにジャスト
+サイフや化粧ポーチの余裕があるものを選びました。

カバンを変えるときもバッグインバッグだけ移せば便利
と言いたいとこだけど、私はカバンめったに変えないからなー。

【送料無料】数量限定品■【即納可能】Tintamar/VIP バッグインバッグ ビップ 【Very Intelligente Pocket 】ベリーインテリジェントポケット タンタマール【限定カラー】Strass Rouge(レッド)★0212-point★;
もっとかわいい柄にすれば、これだけ取り出して
ランチバッグにもなるかも。こちらは楽天の。

本『墓石の下には眠らない』

墓石の下には眠らない 新しい旅立ち、樹木葬・自然葬 (朝日新書)

『墓石の下には眠らない 新しい旅立ち、樹木葬・自然葬』
著 黒田麻由子
朝日新聞出版

近年、葬送の新しいあり方として注目を集めている自然葬、
なかでも樹木葬について、実際に樹木葬を選択した人たちに取材した本。

私の親は、この本でも取り上げられている知勝院と樹木葬の契約をしており、
一ノ関にある墓地にも行ったことがあります。
なので、この本に出てくる樹木葬を選択する人たちの想いについては
私にはそれほど目新しいことではなく、
全国に増え始めている樹木葬の種類とか、そのほかの選択肢について
知りたかった私としては、ちょっと期待はずれ。
「自然に還る」ということをことさら美化しているような文章も気になります。

日本人の死生観や葬送の歴史、人それぞれの事情など
広い範囲で取材をしているので、もう少しうまくまとめられなかったのかな
というのが正直な感想。

ただ、とても印象に残ったのが、自然葬として紀伊水道への散骨を
選択した社会学者、鶴見和子(弟は鶴見俊輔)の言葉。
「死ぬというのは面白い体験ね。こんなの初めてだわ。
こんな経験をするとは思わなかった。人生って面白いことが一杯あるのね。
こんなに長く生きてもまだ知らないことがあるなんて面白い。驚いた。」

前向きに生きた人でないと言えない台詞です。

Img_9291b_2
樹木葬墓地、知勝院
訪問したときの記事はこちら
このとき家族で泊まったのが今話題になっている「かんぽの宿」。
公的施設らしく華やかさにはかけましたが、いいところだったんですけどね。

去年、岩手・宮城内陸地震が起きたとき、
母が一ノ関の被害を気にしてたので、
土に還るつもりなら、山が崩れることも心配するなと思いましたが。

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »