« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

本『フーゾク進化論』

フーゾク進化論 (平凡社新書)
『フーゾク進化論』
著 岩永文夫
平凡社新書

◆読書メモ

「赤線」とは旧遊郭にあたる公認売春地区を示し、それに対して
非公認の売春地区を「青線」と呼ぶようになった。
その後になると、私娼が個人的に客を取る私娼街を「白線」(パイセン)と
呼んだり、また娼婦の背後に暴力団がついて何かとヤバい仕掛けを弄する
ような地域を「黒線」といったりもした。

当時の新宿を例に、その色分け図をみると、まず「赤線」は新宿二丁目である。
そして「青線」は現在のゴールデン街のあたりの花園街。
「白線」といえば新宿通りと新宿御苑に挟まれた地域にある三つの区画で、
千鳥街、御苑街、緑園街を合わせて「白線小路」とも、かつては呼んでいた。
「黒線」にあたるのが駅南口の甲州街道のさらに南側にある旭町のドヤ街である。
別名を「旭町カスバ」ともいわれていた。

赤線地区というと、映画などよく見受ける一種独特の外観をした店が並んでいる
ことを思い出す人もいるだろう。どことなく大正期の建物のようなモルタル造りで
ありながら、ちょいとアールヌーボーなお洒落な雰囲気を持っている。
これは46年9月2日付けの、GHQの指令に従った警視庁通達によるものであった。
赤線の特殊喫茶として再開した業者に対して、店の構えを戦前のカフェ風に
造るようにせよという内容の通達である。おそらく他の建造物とは、
一見して特飲店と区別できるような外観に、ということなのだろう。

東京パレスとは東京都の東はずれ、江戸川区の小岩の町にほど近い
田園地帯のなかにできた赤線施設であった。
付近の地名をとって小岩パレスともいう。そもそもこの広大な敷地と建物は、
戦前に亀戸にあった精工舎という時計工場の社員のための寮であったところだ。
敗戦後、当初はRAAの慰安施設として転用されていたが、RAA解散にあたって
一般向けの赤線施設として再利用されるようになったものである。

DVD『ハロー・ドーリー!』

ハロー・ドーリー!  スタジオ・クラシック・シリーズ [DVD]
『ハロー・ドーリー!』

『ウォーリー』に出てきたミュージカル映画。
通行人のステップで始まるオープニングからカラフルで豪華。
昔のミュージカルはいいねーと、のん気に見ていたら
製作は1969年。そんなに古い映画じゃなかった。
(ミュージカル映画の黄金期は1950年代なので。)

オープニングのクレジットがテクニカラーじゃなかったので
(たぶんコダクローム)、あれっと思ったんだけど、どうりで。
監督がジーン・ケリーなので、古き良きミュージカル映画っぽさが
反映されているのだと思う。
ダンスシーンはそれぞれ素敵だけど、ちょっと長すぎ。
(146分の長尺なので、DVDにも途中休憩が入り、
3分ほど黒バックに曲が流れる。)
バーブラ・ストライサンドはかわいいドーリーを好演しているけど、
当時27歳くらいなので、役柄としてはやや若すぎ。
その後、ブロードウェイ俳優として名をはせるマイケル・クロフォードは
まだ若造で、歌はともかく、恋する青年としては顔がいまいち。
ストーリーはミュージカル的ご都合主義で、
ドーリーってずいぶん勝手な女だと思うけど、まあ、そこはミュージカルだし。

といろいろ文句はあるが、見ている間は楽しくひたっていられる。
『ウォーリー』に登場した『日曜は晴着で』、『ほんの一瞬のこと』
などは曲も素敵。ドーリーがもう一度恋をしようと決意する
『パレードが通りすぎる前に』などはなかなか胸をつく。
アメリカンクラシックな衣装がかわいくて、
私はコスプレするならああいうドレスが着たい。

ミミック

文房具 その2。

『筆箱採集帳』でひと目ぼれした『ミミック』。
銀座のお店『五十音』まで見に行ったものの、
7300円という値段に恐れをなして、買わずに帰ってきてしまいました。
鉛筆ホルダーなら、もう伊東屋のがあるし、
そんなに鉛筆使わないからなーというのも買わなかった理由なのですが、
鉛筆の代わりにボールペンのリフィルを使うという方法を発見。
シュナイダー「ベースボール」

で、再び銀座に行く用事があったので、
結局、買ってしまいました。

P1010299c
ミミック 7300円
レトロな万年筆みたいだけど、鉛筆ホルダー。
五十音のオリジナル。1本1本、職人さんの手作りだそうで、
模様も微妙に違います。お店では何本か並べて選ばせてくれました。

P1010296b
ベースボールのリフィルを装着してみたところ。
シュナイダーの「ベースボール」リフィルは売ってるところが限定されます。
私はプランタン銀座のスコスで買いました。5本で420円。
試してないけど、ステッドラーのインクローラー用リフィルでもいけると思います。
ステッドラーの方が取り扱い店が多いので手に入りやすい。

ミミックは約10cmくらいの長さを収納できるので、
五十音の店長さん(?)は、
ミニボールペン(シエラのスリップオンだと思いますがうろ覚え)
をセットして使っているとのこと。

クルトガ

筆箱採集帳
『筆箱採集帳』
著 ブング・ジャム
ロコモーションパブリッシング

イラストレーター、建築家、小学生、OL、SEなど
59人の筆箱を紹介した本。
それぞれの文房具に対するこだわりと同時に、
神主さんだったら使いやすい筆ペン、
アニメーターだったら絵コンテのための青鉛筆、
デザイナーは校正用の赤ペンが4本も入っていたり
小学生なら「かわいいから」という理由でペンキャップがいっぱいなど、
それぞれの職業が見えてくるところがおもしろい。
文房具って仕事道具だもんねー。

この『筆箱採集帳』の影響で、いきなり文房具熱がアップ。
いくつか文房具店をまわって、使えそうなものを買ってみました。

P1010127b
左から、ユニボール シグノ イレイサブル、伊東屋オリジナル鉛筆補助軸、クルトガ。

三菱鉛筆・ユニボール シグノ≪イレイサブル 0.5mm≫人気急上昇!インクが消しゴムで消せちゃうボールペン!!
ユニボール シグノ イレイサブル 105円。
消しゴムで消せるボールペン。
消せるボールペンだとフリクションが有名ですが、
消したときこっちのほうがキレイに消えたのとデザイン的にこっちにしました。

【メール便(送料80円)発送につき代金引換・日時指定はご利用いただけません/代金引換をご利用の場合、宅急便の送料に変更されます】伊東屋鉛筆補助軸 [木軸バージョン]
伊東屋オリジナル鉛筆補助軸(木軸) 379円
前から気になっていたので、この機会に買っちゃったんですが、
あとから調べたらラバー塗装のほうがかっこよかった。
木軸は素朴でかわいいけどね。

【メール便(送料80円)発送につき代金引換・日時指定はご利用いただけません/代金引換をご利用の場合、宅急便の送料に変更されます】伊東屋 鉛筆補助軸 [ラバー塗装バージョン]
伊東屋オリジナル鉛筆補助軸(ラバー塗装) 379円

新開発芯がトガり続けるシャープペン3月6日再入荷。即発送可能です。早い者勝ちです。【NEW】クルトガ(KURUTOGA)0.5mm シャープペン○メール便可能○▲▲メール便で代引きは出来ません▲▲
クルトガ 472円
中の軸が回転して、芯の偏減りをなくし
いつでも尖った状態で使える、ってウリのシャープペン。

P1010212b
線を書くと、中の軸(オレンジの部分)が回転して、
渦巻き模様で回っているのがわかります。

P1010212c
芯アップ。左右均等に山型になってるのがわかりますか?

しばらく使ってみた感想としては、
たしかに尖った状態をキープできるので、
普通のシャープペンのように線が太くなってイラっとすることはなくて便利です。
ただ、上下の動きで中軸を回転させているので、
線を書くときにギアが上下して、筆圧の弱い私としては
意識して使わないと、字の端っこ(ハライとかトメの部分)が
ピョンピョン跳ねてしまいます。
あと、シャープペンの芯の減りが早いように感じる。

PLUS プラスチック消しゴム AIR-IN(エアイン)レギュラータイプ 25g ER-100AI 36-401
AIR-IN
これも買いました。すごくよく消える消しゴムとしてマニア人気が高い
ってことだったんだけど、学生のころ普通に使ってたよなー。
伊東屋にも丸善にも売ってなくて、「あれ」と思ったら、
意外にもローソンで扱ってました。105円。

エリアパーティション

便利グッズその2。

今の席は机の上にあまり物を置いちゃいけないことになってるので、
(そんなの無理だから置いてるけど、)引き出しを大活用中。
多少、ゴチャゴチャしちゃうのはしかたないとして、
引き出しを開けるたびに前後に物が動いて、
USBメモリーが紙の下にはまり込んでしまったりして、
そのたびに位置を直したりしてたんですが
(ゴチャゴチャなりに定位置がある)
試しにネットで見つけたこんなものを導入。

収納美人は使ってる?便利な引き出し整理グッズ。 エリアパーティション30(仕切りグッズ)
エリアパーティション
引き出し用仕切りグッズです。サイズは何種類かあるけど、
一番上の引き出しサイズにあわせて30mmタイプを購入。893円。
(見つけたのはネットだけど、用があったついでに東急ハンズで買いました。
7枚入りでプラスチック製なので予想以上に重みがありました。)

P1010125b
使用前。

P1010149b
使用後。
(え、あんまり変わってない? まあ、入ってるものは一緒だから)

仕切りたい位置にあわせて手でポキポキ折って引き出しにセット。
7枚入りのうち、3枚しか使わなかった。
仕切ってしまうので、入れるものが限られて収納力が落ちる
という問題はありますが、どこに何があるのかはっきりすると、
物の取出しが非常にスムーズになって、見た目以上に効果はあります。

本『雨宮処凛の「オールニートニッポン」』

雨宮処凛の「オールニートニッポン」 (祥伝社新書)
『雨宮処凛の「オールニートニッポン」』
著 雨宮処凛
祥伝社新書

◆読書メモ

AKIRA 「自分のやりたいこと=お金になること」と結びつけなくちゃ
いけないというルールを押し付けられてきたけど、それすらも嘘っぱちだと思うの。
雨宮 評価とかお金というのは、こだわてしまうと心を病んでしまう。

佐野 人はなぜホームレスになるか。ひとつは失業問題ですね。
失業して収入がなくなるから、家賃が払えずに家がなくなる。
このふたつでホームレスになると思うでしょ。そうじゃない。
3つめの条件がある。身近な絆を失うんです。
若い人なら友達の所に転がり込むとか、家庭をお持ちの人なら
奥さんや家族に助けてもらうということがあるんですが、
そもそも日雇いで単身だった労働者の人は、家庭も持てなかった人がいる。
いろんな形で身近か絆をなくす、ひとりぼっちになる。ある種の希望がなくなる。

雨宮 95年のときに20歳だったでしょう、私たちは。
あれがすごい大きかったんですよ。阪神大震災とオウム事件と戦後50年が
重ならなければ、私は絶対右翼にいかなかったと確信しています。
あそこで価値観とか戦後の物語が崩れた。

本『写真のはじまり物語』

写真のはじまり物語―ダゲレオ・アンブロ・ティンタイプ
『写真のはじまり物語―ダゲレオ・アンブロ・ティンタイプ』

著 安友志乃
雷鳥社

カメラ・オブスクラの鏡に映った像を銀板に焼き付けることに成功した
ダゲレオタイプなど、初期の写真史を、実際の写真とともに紹介。

当時のポートレートから、人々の暮らし、ファッション、
写真に対する興味(当時は写真を写すことは特別なことだった)
などが伝わってくる。本のデザインはかわいいが、
肝心のポートレートの写真が小さいのは納得いかない。
実物大なのかもしれないが、ディティールももっと見たい。

また、気軽に読める写真史なのだが、
カメラ・オブスクラとは何か、それぞれの技術の違いなど、
細かいところの説明がはぶかれてしまってるので、
あるていど写真にくわしい人でないと、内容がわかりにくいのも残念。

カメラや写真が展示されているという
横浜市民ギャラリーあざみ野には一度行ってみたい。

◆読書メモ

 名刺は、中国では15世紀から、ヨーロッパでは17世紀から登場します。
当時はビジネスカードと呼ばず、ビジティング・カード(Visiting Card)、
あるいはコーリング・カード(Calling Card)と呼んで名刺をもつことは
エチケットの一つと考えられていました。
 当時、名刺は現代のように初対面で交換するものではなく、
面会したい相手先に使用人がまずビジティング・カードを届けに行き、
後日、面会できるのであれば相手先からコーリング・カードが
封筒に入れて送られて来る、という手順がありました。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »