« 映画『トワイライト~初恋~』 | トップページ | くま35 »

映画『スラムドッグ$ミリオネア』

スラムドッグ$ミリオネア [DVD]

『スラムドッグ$ミリオネア』 at 新宿ミラノ2

アカデミー賞8部門を受賞した話題作。
前情報が多すぎて、ほぼ予想通りのストーリー展開。
クイズに正解するたびに、関連する過去が語られ、
彼の壮絶な人生が明らかになっていく、という手法は
わかりやすいし、うまいです。
彼の人生とともにムンバイが抱える貧困の問題も描かれる。
『ミリオンズ』同様、偽善的になりがちな話を作品に昇華している。

しかし、アカデミー賞を受賞したことで、
この作品がインドの貧困を描いていながら、
何の解決にもなっていないことも指摘されている。
ラティカの少女時代を演じたルビーナ・アリの養子疑惑まで飛び出したり。
けれど、インドの問題でダニー・ボイル監督を非難するのは的外れだろう。

たくみなストーリー以上に映像のパワーがすごい。
オープニングの子供たちが駆け回る場面だけで泣ける。
音楽のパワーも加わって、ボリウッド調のエンディングは
ストーリーの上では浮いてる気もするけど、
パワフルなこの作品の閉めとしては最高。

出演者の中でいちばんの注目株はラティカを演じたフリーダ・ピント。
主人公がいつまでも忘れられない初恋の象徴として納得できる美しさ。
アカデミー賞のレッドカーペットでもその美しさが際立っていた。
演技のうまさという点では、ずっとポカン顔をしてた主人公より、
クイズ司会者のアニル・カプールが印象に残る。

2000万ルピー(4000万円くらい?)の賞金がかかっているというのに、
最初から最後まで主人公がまったく金に執着していない点がいい。
兄のサリームが子供のころからお金を稼いで、
弟の純真さを守っていたんだと思う。

クイズはどれもさっぱりわからなかったけど、
最後の答えだけわかった。
アニメのおかげってとこがまったく日本は平和だ。


« 映画『トワイライト~初恋~』 | トップページ | くま35 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/29301273

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『スラムドッグ$ミリオネア』:

« 映画『トワイライト~初恋~』 | トップページ | くま35 »