« ドキュメント・アニメ新世紀宣言 | トップページ | 中国茶荘 田丸 »

『サマーウォーズ』冒頭5分を配信中

サマーウォーズ オリジナル・サウンドトラック
『サマーウォーズ』の冒頭5分の映像がYouTubeで配信中。


「サマーウォーズ」 本編オープニング(5分バージョン)

現在、公開されている『サマーウォーズ』の予告編は、
はっきり言って、まったくおもしろそうに見えません。
それよりはこの冒頭5分の方が、仮想都市OZの世界観と、
ヒロイン夏希の魅力をさらっと表現していて、ずっといい。
『時をかける少女』の細田監督の最新作ということで、
期待半分、事前に見た予告編などのつまらそうな感じから不安半分でしたが、
このオープニングで「あ、大丈夫、おもしろい」と確信できました。


サマーウォーズ 劇場用特報
予告編よりはずっとましな編集の劇場用特報。
しかし、アフレコ前なので(このときが初めての声入れだったとか)
声優陣がみんなヘタ。不安感をあおりました。
映画本編では、みんなもっとずっと上手です。

この特報のYouTubeのコメント欄には英語の書き込みも多く、
「dejimonの監督?」とちゃんとわかってる人もいました。
中には「この映画はMurakamiと関係あるのか」みたいな質問もあって、
Murakami?と思ったら、ルイ・ヴィトンの『SUPERFLAT MONOGRAM』のことですね。


Louis Vuitton『SUPERFLAT MONOGRAM』
村上隆がデザインしたモノグラム・マルチカラー。
ルイ・ヴィトンの店内で流れた、このアニメの監督も細田守。
カラフルなネット世界はたしかにOZそっくり。
細田さんにはネットってこういう風に見えるんでしょうか。

私的にはネット世界OZの方に強く惹かれたんですが、
『サマーウォーズ』を見て、一般的に印象に残るのは
長野県上田市をモデルにした“日本の田舎”の風景でしょうね。
この長野県上田市、監督の奥さんの実家だとか。
結婚の挨拶に行ったときの経験がヒントになってるそうで、
高校生でフィアンセ?という設定の微妙さも納得できました。
舞台となった長野県上田市は大喜びで観光スポットとして宣伝してますが、
これで本当に観光客が増えたら、すごい旦那さんを連れてきたことになりますね。


サマーウォーズの聖地 上田市
ローカルニュースだと思いますが、「上田市っていいところ」な感じがします。

奥さんの実家に挨拶に行った話については以下のインタビューが詳しい。
今夏封切り「サマーウォーズ」 細田守監督を交えて
幾原邦彦(「美少女戦士セーラームーン」)→山内重保(「聖闘士星矢」)
→勝間田具治(「狼少年ケン」「サイボーグ009」)→マキノ雅弘、という繋がりがすごい。
なるほど、花札=『緋牡丹博徒』=富司純子ね。

デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!/デジモンアドベンチャー【劇場版】 [DVD]
『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』
2000年に公開された細田守監督作品。
『サマーウォーズ』が『ぼくらのウォーゲーム!』のバージョンアップで
あることはまちがいないです。
『ぼくらのウォーゲーム!』が好きだった人からは「似すぎ!」と批判も出てますが
ふたつを比べて、監督の成長というか変化を見るのもおもしろいかと。

« ドキュメント・アニメ新世紀宣言 | トップページ | 中国茶荘 田丸 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/30753629

この記事へのトラックバック一覧です: 『サマーウォーズ』冒頭5分を配信中:

« ドキュメント・アニメ新世紀宣言 | トップページ | 中国茶荘 田丸 »