« Googleマップのリアルピン見てきました | トップページ | 本『カラー図解でわかる ブラックホール宇宙』 »

映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』

映画「ハリー・ポッターと謎のプリンス」オリジナル・サウンドトラック

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』
at 新宿ピカデリー

久々の洋画大ヒット作だが、見た人の評判はおおむね悪く、
ある程度、納得の上、見に行きました。
これまでのシリーズと同様、原作はちょっと前に読破。
原作自体が、主軸となるストーリーには引っぱっていく力があるものの、
基本的にダラダラ長く、起伏に欠ける。
それをほぼそのまま映画化しているので、やっぱりダラダラと長い。

私はシリーズ3作目の『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』が一番好きだが、
ストーリーを大胆に省略しているためか、原作ファンの評価はあまりよくない。
結局、それ以降のシリーズはあちこちカットはするものの、
基本的に原作に忠実な紙芝居となっている。
今回は特に、あのエピソードをカットするのに、このシーンは残すのか、
と構成に難あり。
個人的には双子がハリーに
「恩は忘れない。君はこの店の何でも好きなものを持っていっていい」
というとこは好きだったんだけどな。

クリスマスパーティーのときのルーナの衣装とか
ルーピンとトンクスの関係とか、よく見ると細かいところまで
原作を忠実に再現してるので、もったいない気もする。

主役のハリーと、ますます美しくなったエマ・ワトソンは
ストーリーを追うのがいっぱいいっぱいといった感じで
出演場面が多いわりに印象に残らない。
アラン・リックマンの演技も悪いわけでもないのに、
今回のキーパーソンのわりに弱い。
むしろ今回は、苦悩するドラコ(トム・フェルトン)や
不思議ちゃんルーナ(イヴァナ・リンチ)など、脇役陣の方が魅力的。
原作を読んだときに、あのジニーに恋人役が務まるのか?
と思ったがボニー・ライトは地味ながらなかなかかわいい。
(しかし、ハリーとの恋愛関係はかなり唐突なので、もっと演出がほしいぞ。)
チョウ・チャン役のケイティ・ルングはクレジットの一番最後に名前があったけど
どっかに出てた?

ただ、映像というか美術はすごくよい。
記憶をたどる場面で、水に溶かした黒い絵の具のような染みが
建物に変わっていくところとか、誰もいないホグワーツの講堂とか
前作でカットされた分もロンが大活躍するクディッチシーンとか
校内の暗い回廊とか、あー、これが見たくて、
(それほど好きでもないのに)このシリーズを見続けてるんだなと思う。

生徒たちが天に向かって魔法の杖を掲げる場面はよかった。
このシーンのマクゴナガル(マギー・スミス)の老けぶりが
気になったけど化粧のせい?

残りあと2作。こうなったら毒食わばで最後まで見届けたいので、
次回はもうちょっとストーリーも演出も盛り上げていってもらいたい。


« Googleマップのリアルピン見てきました | トップページ | 本『カラー図解でわかる ブラックホール宇宙』 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/30837260

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』:

« Googleマップのリアルピン見てきました | トップページ | 本『カラー図解でわかる ブラックホール宇宙』 »