« 本『闘うプログラマー』 | トップページ | DVD『ディスタービア』 »

本『2011年 新聞・テレビ消滅』

2011年新聞・テレビ消滅 (文春新書)
『2011年 新聞・テレビ消滅』
著 佐々木俊尚
文春新書

佐々木さんによる、またまた刺激的なタイトルの本。
新聞とテレビの凋落については、アメリカでは深刻な事態になっているのだが、
日本では新聞はともかく、テレビはまだ危機感が薄い気がする。
しかし、佐々木さんは、「アメリカで起きたことは3年後に日本でも起きる」
と断言する。アメリカで新聞業界の崩壊が始まった2008年の3年後、
2011年は、完全地デジ化と情報通信法の施行という転換点である。

そして、メディアの構造をグーグルの及川卓也氏にならい、
「コンテンツ」、「コンテナ」、「コンベヤ」の3つのレイヤーで解説している。

つまり、従来の「新聞」は、
 コンテンツ=新聞記事
 コンテナ=新聞紙面
 コンベヤ=販売店
という垂直統合モデルなのだが、これが、
 コンテンツ=新聞記事
 コンテナ=ヤフーニュース、検索エンジン、だれかのブログ、2ちゃんねる
 コンベヤ=インターネット
と変化している。

「テレビ」の場合は、
 コンテンツ=番組
 コンテナ=テレビ
 コンベヤ=地上波、衛星放送、CATV
だったのが、インターネット上では、
 コンテンツ=番組
 コンテナ=ユーチューブ
 コンベヤ=インターネット
になっており、さらに、
 コンテンツ=テレビ番組
 コンテナ=テレビ、ケータイ、ゲーム機、パソコン
 コンベヤ=電波、ケーブルテレビ、インターネット
とオープン化が進むとしている。

こうなった場合、「紙かネットかという「コンベヤ」は重要ではない。
コンテナこそが本質なのである。」
成功例として「R25」があげられているが、
 コンテンツ=さまざまな記事
 コンテナ=リクルートの作った「R25」というプラットフォーム
 コンベア=紙の印刷物
となる。

そして、このプラットフォームをめぐる戦いが活発化すると予測する。
そのとき、今までのような“マスメディア”はもう存在しない。
生き残れるのは“ミドルメディア”だけだ。

新聞とテレビの衰退については、今までの本でも触れられているし、
現在の自分の生活を振り返ってみれば、納得がいく。
もうテレビ番組をリアルタイムで見ることはほとんどないし、
新聞だってやめてもいいと思っている。
(妹が納得していないので、とっているけど、それだって、
この本に出てくる、広告チラシサービス『Shufoo!』や『タウンマーケット』
でいいんじゃないか。)

アメリカで始まっている必死の生き残り戦略として、
有料化の例や『ニューズウィーク』のように、マスを捨て、
少数の人に訴求する雑誌をめざすという例も出てくる。

個人的には「雑誌の高齢化」が非常にぐっときました。
(引用が長くなったので詳しくは読書メモに)
雑誌がミドルウェアとして生き残るためにも、
意識改革が必要だよね。

新聞、テレビというマスメディアが崩壊した後に
新しいメディアを作っていくべきだと、佐々木氏は語るが、
毎日新聞社で働いていた人だけに、
あとがきには痛切な想いも記されている。
私はデジタルネイティブに生まれたかったと思うこともあるのだが、
新聞とテレビ、そして雑誌の時代を経て、
新しいメディアの誕生を見られるのなら、それもまた良しと思ったりする。


◆読書メモ

テレビがそうやって報じる流行が本当にあるかどうかは、
どうでも良いと藤岡氏はいう。「いま、何々が流行っている」
という話題だけが流行として成立すればいいのであって、
実体としての流行があるかどうかは問わないのだと。
「つまり、テレビというのは、もう実体としては存在しないかもしれない
『大衆』、個人では捕捉することもできない『大衆』を、それこそ
映像の上にイメージしていく貴重なメディアになったといっていい」
(『「分衆」の誕生―ニューピープルをつかむ市場戦略とは』藤岡和賀夫)

日本の伝統的な雑誌編集者は読書アンケートさえほとんど気にしていない。
なぜなら彼らは本質的には、「オレが良いと思ったものは良い!」
と考えているからだ。つまりは「編集者の勘」というヤツである。
この勘は、たいへんなパワーを発揮することもある―特に読者の
期待していることと、編集者のビジョンがきれいにマッチした場合には。
この美しいマッチングは、いまでも一部の雑誌には生き残っている。
趣味の雑誌や特定の層に向けて発信されるような雑誌がそうだ。
具体的な名前を挙げれば、徹底的に読者目線にこだわり、
“キャバ嬢ファッション誌”という新しい市場を作り出すことに
成功した雑誌「小悪魔ageha」などがそうだ。

こうした本能的な勘だけで作られた雑誌の場合、
年月を重ねるのに従ってだんだんと雑誌の中身が変質していってしまう
という問題がおうおうにして起きる。
なぜなら編集長や編集者は、年を取ってしまうからだ。

編集長や編集者が年齢を重ねたのにあわせて、雑誌の内容も
年を取ってしまったのである。この結果、本来は二十歳代前半向けだった
はずの雑誌はいつの間にか三十歳前後の読者向けになってしまい、
このため昔からの読者はついてきてくれているけれども、
若い読者は呼び込めなくなっていたのだった。

いまの二十代から三十代の若い読者は「カネと女と権力」なんて
読み物はあまり望んでいない。彼らが求めているのは、
「これからどうやってこの社会を生き延びていくのか」
といった自分の生活にもっと寄り添った具体的な情報だ。

日本の新聞社は「四十歳以上の記者しか本社編集部にいない」
といういびつな状況になってしまっているのだ。

「インターネット化された世界では、液晶プロジェクターが
オンラインになって画像をダウンロードしたり、携帯電話の
ブラックベリーをリモコンとして使ったりするようになってもおかしくない。
ネットワークにつながった機器がいつでも手元にあり、
それらの機器はあなたのために動作するように機能が実装されている。
今後の十年間、私はさまざまなシステムが他のシステムと
相互につながっていく時代がやってくることを予想する。」
(ヴィント・サーフ)

2011年の地デジ化を前に区域外再送信

煤けたフロアには煙草の煙が充満し、怒声が当たり前のように飛び交い、
殺伐としてひどい職場だったけれども、しかしみんな新聞を愛し、
自分の書く記事に絶大な自信を持っていた。
考えていることはスクープをとれたかどうか、人を唸らせる良い原稿を
書けたかどうかというただそれだけだった。
まさか自分のいるこの職場が、いずれは崩壊していくだろうなんて、
一度も考えたことさえなかった。殺伐として本当にひどい場所だったけれども、
でも自分のいま立っているこの場所は、世界の中心だと
信じることができたのである。
その場にうずまいていた嫉妬と憎しみと競争心は目眩がするほどだったけれども、
しかし今振り返ってみれば、それは幸せな時代だったのかもしれない。

« 本『闘うプログラマー』 | トップページ | DVD『ディスタービア』 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/31469257

この記事へのトラックバック一覧です: 本『2011年 新聞・テレビ消滅』:

« 本『闘うプログラマー』 | トップページ | DVD『ディスタービア』 »