« 今いちばんおもしろいメディアは『ケツダンポトフ』な件 | トップページ | チョコレート嚢腫 手術編その1 »

本『ニコニコ動画が未来を作る ドワンゴ物語』

ニコニコ動画が未来をつくる ドワンゴ物語 (アスキー新書)
『ニコニコ動画が未来を作る ドワンゴ物語』
著 佐々木俊尚
アスキー新書

ドワンゴ創業からニコ動リリースまでを追ったドワンゴ社史。
ドワンゴってニコ動のイメージが強すぎて、それ以前って
たしかケータイゲームや着メロの会社だったんだよね程度の
認識しかなかったんだけど、読んでみてびっくり。

PC-9800対応のシューティングゲーム『Super Depth』を作った
ゲームクリエイター集団『Bio_100%』、
彼らのベースであった草の根BBS『STUDIO☆FEMY』、
ソフト流通企業『ソフトウェアジャパン』、
LinuxのCD-ROMを販売していた秋葉原のショップ『Laser5』、
ソフト開発会社『ランドポート』、
ドリームキャストのレースゲーム『SEGA RALLY 2』、
ケータイゲーム『釣りバカ気分』、
着メロサイト『いろメロミックス』、GACKTの着ボイス、
ドワンゴを創ったメンバーたちの歩いてきた道は
そのままPCとインターネットの歴史である。

メンバーのひとり太田がランドポートを辞めて立ち上げた
ソフトウェア会社『アンリアル』は、
たしかMP3ソフトを販売していた会社だ。
現在の『Windows Media Player』や『iTunes』のような
CDからmp3を作成できるようなソフトはまだなく、
リッピング、エンコード、コーデック、再生に
それぞれ専用ソフトが必要だった時代で、
『アンリアル』はかなり早い時期に、音質のいいコーデックを搭載した
市販MP3ソフトを日本で販売した記憶がある。

『釣りバカ気分』かどうかは定かでないが、
iモードの釣りゲームに隣りの席の同僚がハマって、
糸を引くたびにケータイが鳴ってうるさかった覚えがある。

なんていうか、ここ10年くらいの自分のPC歴をさかのぼると、
そのどこかにドワンゴという会社が関わっているのだ。

ドワンゴという会社名からして、
DWANGO(Dialup Wide Area Network Gaming Operation)
というアメリカのネットワーク対戦システムの名前で、
国内総代理店であるソフトウェアジャパンが倒産したため、
マイクロソフトのDirectXエヴァンジェリストチームが
苦肉の策として、ドワンゴジャパンを設立した、というのだから驚きだ。

 ゲームに勝つためには、とにかくロジックを磨かなければならない。
 ロジックが必要なゲームジャンルは、シミュレーションだけではない。
 一見、たんなる反射神経だけが必要なように見える
 アクションゲームであっても、ゲームの応答性を計算し、
 インターフェースをどう利用するのかといった知恵を絞る必要がある。
 そうした要素を全部計算して挑むのがゲームだ。
 WarCraftやAge of Empireなどのストラテジックアクションゲームなんかは
 その典型で、瞬発性と判断力を同時に求められる高度なロジック能力を
 駆使しなければならない。
 だから「廃人」であっても、ゲームをやり込んでいるヘビーゲーマーだったら、
 きっとそういうロジックの能力があるし、ロジックが極限まで鍛えられているはずだ!

という理由でゲーマーを会社に引き入れて、
プログラミング開発をやらせてみるところもおもしろい。

しかし、ケータイゲームと着メロで一時代を築いたドワンゴも
着うたの出現によって、壊滅的な打撃を受ける。
変化の速いIT業界の中では、安泰な企業なんてない。
ある時期のトップメーカーが次の時代には消えていることなんてザラ。
その荒波の中でドワンゴは次々と変遷していって、
生き残るための苦闘から生まれたのがニコニコ動画だったという訳だ。

肝心のニコニコ動画については最後の方に誕生の経緯が
簡単に書かれているだけで、タイトルの『ニコニコ動画が未来を作る』
に期待して本を買ったニコ動ファンにはもの足りないだろう。
ドワンゴの昔話に自分との接点を見出せないとおもしろさも半減するので、
若いPCユーザーがどこまで共感できるのかも疑問。

多くのドワンゴ関係者へのインタビューがもとになっているということで、
『グーグル誕生』や『闘うプログラマー』のような
群像ドキュメンタリーとしてのおもしろさもあるが、
たくさんの人が入れ代わり立ち代わり出てきて、
それぞれの個性がはっきりしないので、区別がつかないのも惜しい。
それでも、シリコンバレーだけでなく、
日本にもこんなベンチャー企業物語があったんだと
認識させてくれた熱いストーリーである。

« 今いちばんおもしろいメディアは『ケツダンポトフ』な件 | トップページ | チョコレート嚢腫 手術編その1 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/31841232

この記事へのトラックバック一覧です: 本『ニコニコ動画が未来を作る ドワンゴ物語』:

« 今いちばんおもしろいメディアは『ケツダンポトフ』な件 | トップページ | チョコレート嚢腫 手術編その1 »