« 本『ツイッター 140文字が世界を変える』 | トップページ | 本『ニコニコ動画が未来を作る ドワンゴ物語』 »

今いちばんおもしろいメディアは『ケツダンポトフ』な件

『ケツダンポトフ』のそらのさんを認識したのは、
例によってiPhone 3GSの発売前夜(6/25)の中継。

iPhone 3GSは私の周りでも事前予約している人が多く、
初代iPhoneのときのような長い行列はできないだろうと予想されてました。
それでもニュースサイトや新聞などのメディアは、
行列しているところを写真に撮りたがる。
そんな中、彼女は行列に並ぶ自分をUstreamで中継し続けました。
私の会社でも、「誰、これ?」、「ねばるね、この女子」と話題になり、
夕方~発売開始の朝まで12時間以上、視聴者数は1300人を超えました。
行列に並んでいる人にインタビューしたりするのではなく、
行列に並んでいる姿をそのまま中継する、
これはiPhone 3GS発売前夜というイベントにおいて、
一番エキサイティングな報道だったと思います。

そらの@決断ポトフ、表参道から「iPhone 3GS」行列を中継!
表参道からストリーミング中のそらの@決断ポトフに取材が!
iPhone 3GS行列 ライブ中継1500人同時視聴ってすごい時代。
iPhone 3GSの表参道行列を生中継!

その後も、彼女はお買い物をしたり髪を切ったりという日常生活や
インタビュー(彼女がインタビューする側の時も、される時も)、
イベントを“ダダ漏れ”し続けました。

最近の中継で良いなーと思ったのは
セカイカメラから見た東京の街をダダ漏れ散策してきました
渋谷から電車に乗って秋葉原で降りて、りなカフェまでを
セカイカメラの映像を写しながら、ずーっと中継。
(録画映像は秋葉原を降りてから)
渋谷と秋葉原のタグの違いとか、電車の窓の外を飛んでいくタグとか、
「セカイカメラで見える景色が変わる」というのを非常にうまく伝えていました。

それから、CEATECの中継もうまい。
CEATEC JAPAN 2009 をダダ漏れしてきました
東芝の『CELL REGZA』の説明をそのまま配信したり、
(カメラを意識しだしてお兄さんがちょっと緊張している)
歌う初音ミクの映像はちゃんとセカイカメラと同時中継
(そらのさんの腕は何本あるんだ)。
さらっと中継してますけど、すごくわかりやすい。
これ全部(エンコードとかアップロードは違うかもしれないけど)
取材もカメラも、そらのさん、ひとりでやってんですよ。
CEATECは、ほかのブログやニュースサイトでも動画を配信してますが、
もう、当日に生中継するか、その日のうちに動画をアップするくらい早くないと
ニュースとしては意味がない時代になったなーと思いました。

もちろん“ダダ漏れ”が「そのまま中継してるだけなのにおもしろい」のは、
そらのさんのキャラクターも大きい。
小学館の編集部を取材しながら、「あ、傘忘れてきちゃった」とつぶやいたり、
「このバナナ食べれるんですか?」、「さしあげますよ」、
「えー、いいですか? ありがとうございます」って食べ始めたり、
りなカフェで「設定を変えるので、しばらくまたオレンジジュースを
見ていてください」と言ったり、
Twitterで上司に向かって「今すぐ電話に出てください」と呼びかけたり、
「ダイソンのえーっと名前忘れちゃった、扇風機のダダ漏れでした」とか、
「すごく軽いです。キャベツより軽い」とか。
そのユニークさと大胆さがおもしろい。

で、新政権になってから、“記者クラブの解放”が
ネットの話題になっていたわけですが、
『ケツダンポトフ』も記者会見の取材を申し込んでいて、
Twitterではその進捗状況が報告されていました。

 【亀井静香さん金融庁記者会見の結果】参加資格はどこかの媒体に
 記事を書いている実績があること。ケツダンポトフがある意味媒体です
 と話すと詳細をメールしてくださいとのこと。検討して問題なければ
 記者登録して次回からお知らせくれるそうです。とにかくメール!
 11:44 AM Oct 9th webで

これ読んで私はケツダンポトフが媒体として認められないんだったら、
いったい何が媒体なんだと思ったのですが、
取材許可はちゃんと下りて、本日、
亀井大臣の記者会見ダダ漏れが中継されたわけです。

亀井大臣の記者クラブ非加盟者向け記者会見をダダ漏れしてきました

実際の記者会見自体は、ダラダラというか、
偉い人の冗談に笑ってみせる取材陣とか、
ラフというか、偉そうな亀井さんとか、
ていねいな言葉だけど、「本日は行事のため10時55分までです」と
最初に念を押されたり、
あー、記者会見ってやっぱりこんな感じなんだなーと思ったわけですが、
そういう雰囲気がちゃんとわかる、ということだけでもすごい。

中継禁止ということで途中で配信ストップしてましたが、
待合室で待ってる時の緊張感や、
会見が終わってすごい勢いで退席させられたりってとこもリアル。
そらのさんが大臣に質問したところで、Twitter上では
「がんばれー」みたいなメッセージが送られていて、
なんていうか、ひとりのジャーナリストの成長を見た気分でした。

ケツダンポトフ自体が手探り状態な感じなので、
今後もこういう中継が続くかどうかはわかりませんが、
ネットにおける報道のあり方、新しいメディアの誕生として、
そらの@ケツダンポトフの存在意義は大きいと思います。

« 本『ツイッター 140文字が世界を変える』 | トップページ | 本『ニコニコ動画が未来を作る ドワンゴ物語』 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/31869942

この記事へのトラックバック一覧です: 今いちばんおもしろいメディアは『ケツダンポトフ』な件:

« 本『ツイッター 140文字が世界を変える』 | トップページ | 本『ニコニコ動画が未来を作る ドワンゴ物語』 »