« チョコレート嚢腫 手術編その4 | トップページ | チョコレート嚢腫 手術編その6 »

チョコレート嚢腫 手術編その5

入院4日目

P1000244b
この日の朝食。まだまだ液体。

少しずつ積極的に動くようにしようということで病院内をお散歩。

P1000243b
ベッド。4人部屋といってもカーテン引いちゃうとわりと自分空間。

P1000245b
カトリック系なので、病棟の中に小さい聖堂があります。

P1000248b
ハートの中はステンドグラス。

P1000249b
昼食は五分粥と聞いていたのだけど、なんと麺類。
一気にまともな食事っぽくなりました。

最初の2日間は4人部屋を2人(同じ日に手術した人)で
使用していたんですが、3日目から次の日に手術した人が2人加わりました。
(腹腔鏡とはいえ、手術って当人にとってはおおごとなんだけど、
こうやって毎日毎日、同じ病気の人が手術受けてるんですね。)

私も同じ日に手術した人も「わりと大丈夫」という感じで、3日目から起き出しており、
あとからやってきた2人のうちもう1人も今朝から起き上がってました。
ところが、もう1人が「痛くて起きれない」と。
しまいには面会に来た家族に「みんなもう起きれるのに、
私だけ痛くて動けない。それに肩がすごく痛いの」と言って泣き出したり。
いやー、部屋の空気がドーンと重くなりましたよ。
痛みは個人差があるので、彼女には同情しますが、
肩が痛くなるということは初めから説明を受けているし、
私ともう1人は1日前に手術を受けているんだから回復が早くて当たり前。
みんな同じ病気で同じ手術受けて、がんばっていこうとしてるのになー。

P1000250b
夕食。七分粥。


« チョコレート嚢腫 手術編その4 | トップページ | チョコレート嚢腫 手術編その6 »

チョコ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/32028312

この記事へのトラックバック一覧です: チョコレート嚢腫 手術編その5:

« チョコレート嚢腫 手術編その4 | トップページ | チョコレート嚢腫 手術編その6 »