« チョコレート嚢腫 手術編その5 | トップページ | チョコレート嚢腫 手術編その7 »

チョコレート嚢腫 手術編その6

入院5日目

P1000251b
朝食。今朝から全粥に!

P1000252b
すーさんとねーさんが見舞いに持ってきてくれたバラ。

回診時に創部のガーゼを交換。
OKが出るとシャワーを利用できます。
(4日ぶりのシャワー!)
創部は特に問題なかったのですが、お臍に貼ったテープにかぶれて
水ぶくれが。先生が軟膏を処方してくれましたが、
傷が目立たなくなった後も、この水ぶくれあとは長いこと残っていました。
水ぶくれが気になった時点で早めに相談すべきでしたね。

それから手術のあと不正出血があるとは聞いてたんですが、
私の場合、ずーっと出血が止まらない。
先生に聞いてみると、「生理かもしれない」と。
次の生理にはだいぶ間があるのですが、
手術の影響で周期が変わることがあるんだそうです。
(結果からいうと、このときの出血は生理でした。)

お腹を切ると熱が出て、回復してくるとガスや便通があって、
生理の周期も調整されて、人間の体って適応力あるんだなと。

点滴も外れました。
点滴ってべつに痛くないんだけど、自分の腕に針がささってるって
やっぱりいやなもんです。行動も限定されちゃうし。

P1000253b
昼食。

点滴が外れたので、病棟の外へ。
産婦人科は女性専用病棟にあるので、
見舞い客以外男性には会わないのですが、さすがに外だと
そういうわけにもいかない。(日曜なので人は少なかったですが。)
こういうとき着て歩ける、パジャマじゃない、
カジュアルな服をもってくるべきだったと思いました。

あと、洗剤を買って、コインランドリーで洗濯もしてみました。
(下着とかパジャマとか、何枚かもってきてはいたんですが、
ゆるーいほうが傷にも優しく着ていてラクなので、
結局、気に入ってるほうを洗って使用。)

P1000254b
向かいにあるホスピス病棟。
もともと結核患者のための病院だったので、その流れなのかな。

P1000260b
修道院。

P1000263b
夕食。

昨日、泣いていた彼女も、今日から普通に動けるようになって
「お騒がせしました」とアイスをもってきてくれました。
まだ20代前半ぐらいの子だったので、ちょっとかわいそうにはなりましたが、
私たち食事制限中なのにアイスって!
(その後、普通食が食べれるようになってからいただきました。)

« チョコレート嚢腫 手術編その5 | トップページ | チョコレート嚢腫 手術編その7 »

チョコ」カテゴリの記事

コメント

今日から入院するものです。
とても参考になりました。

ありがとうございます!

コメントありがとうございました。
(気が付かずすみません。)
もう退院されていると思いますが、チェコはその後の経過観察も含め、長いこと付き合っていかないといけない病気です。
お互い、気楽にやっていきましょう。

桜町病院入院3日めのベッドでブログ読んでます。入院前から時々読ませてもらっていて、入院の心構えができました。
卵巣嚢腫と子宮筋腫、ポリープも追加でやったせいか、まだダメージ大きいです。
文章も写真もとてもわかりやすく、とても参考になりました!

ぽー様

コメントありがとうございます。
桜町病院すでに懐かしいです。
もう入院5日めのはずなので退院間近だと思いますが、
自由に動けるようでしたら、ぜひ修道院にも行ってみてください。

さっそくお返事ありがとうございました!今日入院6日めです。
昨日からムクムク動けるようになり、今日はかなり暇です。院内時々ウロウロしています。でも、どこまでウロウロしていいものやら、不安を抱えながらとなっていました。
修道院、どこあるのかわからないのですが、あとで探検に出ようと思います。
本当に沢山の参考になる情報、ありがとうございます!

ぽー様
修道院は病棟の外にあるのです。(病院の敷地内ですが。)
聖堂は病棟の別のフロアにありました。
わかりにくくてすみません。
たどりつけていると良いのですが。

来週、筋腫と卵巣腫瘍で桜町病院に入院をします。腹腔鏡の予定ですが、恐いです。その後、いかがですか?
若い医科大学の先生が、執刀医なので不安になってきました。

小桜様
コメントありがとうございます。
私の手術は3年以上も前なので、同じ先生ではないと思いますが、私のときも若い医科大の先生でしたよ。
手術自体は麻酔で眠っているうちに終わってしまうので、怖いことはありませんでした。どういうふうに手術が進められるかとか術後のことは、事前に説明があると思いますので、不安な点はそのときに聞いて解消しておくと少しは気分が楽になるかと思います。

ブログにも書きましたが、術後に肩が痛かったり、痛くて動けないこともありますが、痛みには個人差があります。手術のあとはこうなるんだっていうことと理由をあらかじめわかっているだけで、受け止めやすくなります。
私と同室だった女の子のように、事前の説明をまったく聞いてないで、「痛い痛い」と泣いていると辛さが増すと思います。(痛いときは無理せず、看護婦さんに言えば、痛み止めをもらえます。)

私はあまり辛い想いをしなかったので、あまり参考にならないかもしれませんが、腹腔鏡は負担の少ない手術ですので、できるなら気楽に構えてお過ごしください。

ご返信ありがとうございます。凄く気が、楽になりました。
入院中もこちらにコメントすると思います。
怖がりなので同室の方に迷惑をかけないようにします。
今まで、肺炎での入院しかないので不安でした。
私も頑張れそうな勇気が、湧いてきました。
このブログで救われている方、沢山いるはずです。
本当にありがとうございます。
また、宜しくお願いします。

小桜様

“救い”などたいそうなことはできませんが、少しでも気が楽になるのであればよかったです。

あと、痛くて泣くこと自体はまったく迷惑ではないと思いますよ。私が同室の女の子にイラッとしてしまったのは、彼女が何の対処もせずに、「どうして私だけ」のようにただグチっていたからなので。

人の痛みがどれほどのものかわからないので、それもしょうがないか、とも思います。彼女も痛みがなくなったらケロっとしていたので、これがずっと続くのかと不安だったのだろうと。

しつこいようですが、なるべく気楽に、お過ごしください。

今日、入院をしました。明日オペです。
看護婦さんも優しいので安心しました。
筋腫、腹腔鏡で取り除ける、大きさギリギリなので
今が、そのタイミングなのですね。
迷いましたが、明日には、無くなるので。
尿管につけるカテーテルが、恐いのですが。頑張ります。
恐いわりには、晩御飯を全部食べました。

しばらくまともなご飯を食べられませんから、晩御飯はしっかり食べて正解ですね。
手術のあとは、熱が出て朦朧として、まともに動けもせず、この夜が一番辛かった記憶があります。(でも、一番辛いのがココなので、あとはどんどん楽になります。)
カテーテルは好きな人はいないと思いますが、私も苦手でした。私のときは自分で起きてトイレに行けるようになれば、早めにとってもらえました。(手術が終わって、気がついたら、勝手にセットされてるので、つけるときはたいして怖くないです。)

昨日、癒着が、酷く開腹に切り替え、6センチ位切ってすみました。
麻酔が、ギリギリの量で部屋に戻る途中に目覚めて吐き気もなく
意識が、しっかりし過ぎてのどの渇きに悩まされましたが、朝6時に水を飲ませてもらってから、すぐ歩けてカテーテルを外して痛いけど、歩けば歩くほど、回復しますね。
今日も大部屋に1人。
ちょっといらっとした事をブログに書いてみました。
みんなが、みんなどの職種もプロフェッショナルばかりの人ばっかりではないので、しかたないですね。

小桜様

手術おつかれさまでした。
開腹に切り替わったとのことなので、腹腔より体調が戻るのに時間がかかると思いますが、すぐ歩けたとのことで良かったです。
開腹のことをよく知らないので、あまり勝手なことも言えませんが、「歩けば歩くほど回復する」はそのとおりだと思います。ゆっくり養生しながら、歩き回れるようだったら修道院などを見て回ってみてください。
あまりお役に立てなくてごめんなさい。

ありがとうございます。
癒着が、酷すぎて無理だったみたいです。
恥骨近辺を横に6センチでした。
ほかの方だともっと大きいみたいで、若くても
実力のあるドクターで安心しました。
オペの間に何度も母に開腹に切り替える確認をして
くださったり、こんなに癒着してますと詳細を伝えて頂き
凄く丁寧でした。逆に腹腔鏡にこだわって、癒着を取りきれない方が、よくないので結果的に大成功でした。

若く見えるだけで、どうやら中堅位の先生でした。
目が、私悪いんですが、メガネを掛けて見たら、素敵な先生でした。6センチ迄腹腔鏡と同じ明日の退院と言われましたが、今月末の火曜日退院に伸ばしてもらいました。さっき、手洗いで洗濯しました。
修道院に行ってみますね。
けっこう、ぐるぐる回ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/32029014

この記事へのトラックバック一覧です: チョコレート嚢腫 手術編その6:

« チョコレート嚢腫 手術編その5 | トップページ | チョコレート嚢腫 手術編その7 »