« 本『ロボットとは何か』 | トップページ | TV『世界で一番君が好き!』 »

TV『リアル・クローズ』

以前にお仕事をしたことがあるモデルさんが
バイヤー役で出演していたので見てました。
さすがにリアルタイムではなかったけど、
毎週ドラマを見るという体験を久々にしたなー。

お話自体は、まあ、普通かなー。
寝具売場で働いていたダサい店員が、服飾売場に移動になり、
厳しい上司や同僚と出会い、服を通して成長していく、という話。
売場で行なわれるショーやイベントの様子、海外ブランド、高級サロンなど、
がんばってはいるのだけど、どうも華やかさがいまひとつで
素敵な洋服を着たときの「わぁ」という感動が表現しきれていない感じ。
槇村さとるの原作はおもしろそうだけど。

最大の欠点は主演の香里奈にいまいち魅力がないのだ。
ダサいころの方がかわいいくらいで、
綺麗になってからも顔のシワが気になったり、
がさつな動作が絵にならない。
彼女が売場の中心となって、みんなをまとめていくという役どころなのに、
説得力に欠けるんだよね。

むしろ、姉の能世あんなの方が、演技はともかく美しさでは存在感があったなと。
そのほか、同僚役の加藤夏希やヤングカジュアル部門の店員、中別府葵
などが印象に残りました。
黒木瞳ってあまり好きじゃないんだけど、このドラマでは
美しく厳しいカリスマ部長がよく似合っていました。
西島秀俊も「仕事がおもしろければ人生の半分はおもしろいんだ」みたいな
マンガチックな台詞を言っても違和感ない、いい役者だなと。

『リアル・クローズ』はそのほか、ドラマに出てくる服がネットで買える
ということでもちょっと話題になった。
百貨店の婦人服売場が舞台なので、
洋服が登場してもまったく違和感ないんだけど、ドラマの中で
特別めだっていた服(主人公が売るためにコーディネイトを工夫するとか)
がオンラインで売られる、というような広告的な商売ではなくて、
役者たちが着ていたのと同じ服が普通に売られているという感じ。
(むしろドラマの中でもう少し服をわかりやすくするとか、
販売サイトのスチールをなんとかするとかしないと、どんな服かよくわからない。)
ドラマの中で役者が着ている服ばかりが悪目立ちするようだと困るけど、
ドラマを見ていて「あのジャケットかわいい、どこのだろう」くらいのことはよくあるので、
タイアップとしてはありなんじゃないかと思いました。

« 本『ロボットとは何か』 | トップページ | TV『世界で一番君が好き!』 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/32762634

この記事へのトラックバック一覧です: TV『リアル・クローズ』:

« 本『ロボットとは何か』 | トップページ | TV『世界で一番君が好き!』 »