« 本『風が強く吹いている』 | トップページ | 本『バンド臨終図鑑』 その2 »

本『facebook』

facebook

『facebook』
著 ベン・メズリック
青志社

人付き合いの苦手なハーバード大の学生、マーク・ザッカーバーグが
世界最大のSNS「facebook」を成功させるまでを描いたドキュメンタリー。
ドキュメンタリーといっても、冒頭に書かれているように、
マーク・ザッカーバーグ本人はインタビューを断ったということで、
facebookの「もうひとりの創業者」であるエドゥアルド・サヴェリンを中心に、
マークに「裏切られた」人々の視点から物語は描かれている。

なので、この本だけを読むと、マークはずいぶん勝手でひどいやつに見える。
これも冒頭で書かれているように、だいぶ演出がほどこされているようなので、
どこまでが本当かは疑わしい。ただ、そのおかげでお金と友情がからむ
ドラマチックなサクセス・ストーリーになっていて、非常におもしろい。

物語はエドゥアルドが社交クラブに入会しようとするところから始まる。
ハーバードで自分の地位を高めるため、就職に有利になるため、
そしてなにより女の子にモテるために、彼は社交クラブへ入りたいのだが、
『ビバヒル』などでもわかるように、アメリカの大学の社交クラブは非常に排他的だ。
名のあるクラブに入会するには、家柄、成績、外見、社交性などが審査される。
エドゥアルドが入る「フェニックス」のほか、
スポーツ選手など優秀さを認められた学生だけが入会できるクラブも出てくる。
ハーバード大とはいえ、そうした社交クラブを通してでないと
かわいい女の子たちとはなかなか知り合いになれないのだ。

facebookはある意味、そうしたハーバード大の排他的なコミュニティを
ネット上にもってくることで、女の子と知り合いやすくしたシステムなのだ。
この本のおもしろいところがココで、facebookは
人付き合いの苦手なハーバード大生が女の子とヤりたいがために誕生した
という物語になっているところだ。
(ミもフタもない言い方だけど、本当にそういう風に書かれている)

同時に、私がfacebookにピンとこない理由もここにある。
大学生でもなく、ネットのコミュニティに興味もなければ
facebookはあまり必要ないのだから。
(この本はfacebookの機能については、それほど触れていない。
ほかのSNSと比べてどこが優れているかといった話もたいしてしていない。
みんなが使っているから、説明なんていらないということかも。)

facebookのシステム全般をつくったのはマーク・ザッカーバーグだけど、
エドゥアルドは創設時からfacebookにたずさわり、
サーバー代などの費用をもち、広告営業にも走り回っていた。
しかし、facebookが急激に大きくなるうちに、マークひとりだけにスポットが当たり、
スポンサーがついたことでエドゥアルドの金も必要なくなり、彼は切られる。
マーク・ザッカーバーグは19歳で億万長者になり、美人の彼女も名声も手に入れた。
かたや「もうひとりの創業者」だったはずのエドゥアルドは金も友情も失う。

ほかにも、ハーバード大のスポーツ選手タイラー兄弟や
ナップスターの創業者ショーン・パーカーなどがストーリーにからむ。
デビッド・フィンチャー監督でfacebookの映画化が進んでいる
という話を聞いたときはびっくりしたが、本を読んだ後では、それも納得。
映画にしたくなる、おもしろさだった。

ジャスティン・ティンバーレイクがD・フィンチャー監督のFacebook映画に出演

ちなみに、裁判などを経て、現在のfacebookのサイトには
エドゥアルドは創業者のひとりとして明記されている。

February 2004
Mark Zuckerberg and co-founders Dustin Moskovitz, Chris Hughes and Eduardo Saverin launch Facebook from their Harvard dorm room
http://www.facebook.com/press/info.php?timeline

« 本『風が強く吹いている』 | トップページ | 本『バンド臨終図鑑』 その2 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/34504519

この記事へのトラックバック一覧です: 本『facebook』:

« 本『風が強く吹いている』 | トップページ | 本『バンド臨終図鑑』 その2 »