« 本『WORLD WAR Z』 | トップページ | 本『ゆるす言葉』 »

本『ネット・バカ』

ネット・バカ インターネットがわたしたちの脳にしていること

『ネット・バカ インターネットがわたしたちの脳にしていること』
著 ニコラス・G・カー
青土社

最初にいっておくと、この日本語タイトルはひどい。
(原題は『The Shallows』)挑発的なものをということなのだろうが、
これでは「ネットは私たちを愚かにする」と言っている本のようだ。
著者が『クラウド化する世界』や『ITにお金を使うのは、
もうおやめなさい』のニコラス・G・カーだと知らなければ、
手に取るのさえやめてしまいそうだ。

実際には、ネットが私たちの「読み方」、「書き方」、「考え方」、
脳の働きにどんな影響を与え、どう変化したかを真面目に考察した本。
大量の情報を効率的に処理できるようになった一方で、
一冊の本を深く読むことは難しくなったと著者は言う。
それが著者の勘違いでない証拠として、
人間の習慣がいかに脳の動きに後天的な影響を与えるかという
科学的分析や、メディアが文化をどのように変化させてきたかという
歴史的考察などが丁寧に行なわれている。

たとえば、ロンドンのタクシー運転手は、空間処理を行なう海馬後部が大きく、
そのぶん海馬前部は萎縮しているそうだ。
また、時計の誕生は、時間の概念だけでなく、人々の生活様式も変えた。
同じように、インターネットのブラウジングに最適化した脳は、
別の能力(集中力や思索力、記憶力)を弱めているのではないか。

実際、ネットのブラウジングは集中力とは程遠い。
私たちはメールやTwitter、RSSのアラートを処理しながら、
ざっとページをスキャンしている。
従来の「深い読み」とは違う読み方をしているのだ。

また、ハイパーリンクによって、動画や画像、ほかの意見へと
自由にジャンプできるテキストは、直線的なテキストを読むよりも
記憶に残りにくい、という研究結果も載っている。
(だからといって、私たちがバカになるといっているわけではなく、
『ダメなものは、タメになる』『デジタルネイティブが世界を変える』
などの「楽天的な」意見もあわせて紹介されている。)

バカになるかはどうかはともかく、メディアによって文化は変わる。
数年後、「本を読む」という行為や意味は
まったく違うものになっているかもしれない。

◆読書メモ

長期的に見れば、われわれの思考や行動に影響を与えるのは、
メディアの伝える内容よりも、むしろメディア自体である。
世界に対するわれわれの窓として、およびわれわれ自身に対する窓として、
大衆メディアはわれわれの見るもの、ならびにその見方を形成する
―そして、もしも充分に活用された場合、
個人としてのわれわれひとりひとりを、および社会としてのわれわれを、
大衆メディアは結果的に変化させることになる。
マーシャル・マクルーハン『メディア論―人間の拡張の諸相』

マクルーハンが示唆したとおり、メディアは単なる情報の水路ではない。
思考の束を提供すると同時に、思考のプロセスを形成してもいる。

「デジタルへの没入は、情報吸収のあり方にさえ影響を及ぼしている。
彼らはページを、必ずしも左から右へ、上から下へとは読まない。
あちこちにすばやく目を配り、興味と関連のある情報をスキャンするのだ」

ニーチェは答えた。「そのとおりです。執筆の道具は、
われわれの思考に参加するのです」。

正確な時間計測を最初に求めた人々は、厳密な祈祷スケジュールを
中心に生活が展開するキリスト教の修道士たちだった。
六世紀の聖ベネディクトゥスは、一日七回決まった時間に祈るよう弟子たちに
命じた。その600年後、シトー修道会士たちは時間的正確さをさらに強調して、
一日をいくつかの活動に厳密に分割し、
時間の浪費や遅れをすべて神に対する侮辱とみなした。
重りの動きによって制御される機械時計が初めて組み立てられたのは
修道院でのことであり、初めて時を知らせたのも教会の鐘だった。
この鐘の音を元に、人々は自分たちの生活を区分していくことになる。

「文字は人々の魂に忘れっぽさを植えつけるだろう。
人々は文字に頼り、記憶力の行使をやめてしまうだろう。
みずからのなかから物事を思い出すのではなく、
外に記されたものから呼び起こそうとするようになるだろう」。
書かれた文字は「記憶の秘訣ではなく、想起させるものだ。
文字を学ぶ者たちにあなたが与えるのは真の知恵ではなく、
知恵のように見えるものでしかない」。
文字に頼って知を得ている人は「多くのことを知っているように
見えるが、たいていの場合は何も知らない」人になる。
その人々は「知ではなく、知を有しているといううぬぼれに満たされる」
ことになるだろう。(プラトン『パイドロス』)

コンピュータ・スクリーンで見るオンライン・テクストのページは、
印刷されたテクストのページと同じように見えるかもしれない。
だが、ウェブ文書をスクロールしたりクリックしたりすることには、
本や雑誌のページをめくるときとは非常に異なる動作、
非常に異なる感覚刺激がともなう。読むという認知行為は、
視覚のみならず触覚をも用いる行為であることが、
研究によって明らかになっている。
読み書きに関する研究を行なっているノルウェーの教授、
アン・マンゲンは次のように言う。
「読むという行為はすべて複数の感覚に関わるものである」。
書かれたものの「物質性を感覚運動的に経験すること」と
「テクストの内容を認知的に処理すること」のあいだには、
「重要なリンク」が存在している。
紙からスクリーンへの移行は、書かれたものをいかに読み進めるかを
変化させるだけではない。テクストに対する注視の程度や、
テクストへの没頭の深度にも影響を与えるのである。

ニューヨーク・フィルハーモニックや
インディアナポリス・シンフォニー・オーケストラは、携帯メールを用いて
アンコールの演目を投票するよう、観客に働きかけはじめている。

ツイッターなどのマイクロブログ・サーヴィスを用いて
神からのメッセージを交換するために、ラップトップやスマートフォンを
礼拝に持ちこむよう勧めるアメリカの教会も増えている。

本にリンクを挿入し、ウェブに接続するやいなや―本の機能を
「拡大」し、「強化」し、「ダイナミック」なものにするやいなや―
それが何であるかは変化し、それを読むという経験も変化する。
オンライン版の新聞が新聞でないのと同様、電子書籍は本ではないのだ。

新しいキンドルで電子書籍を読みはじめてすぐに、
作家のスティーヴン・ジョンソンは次のように実感した。
「デジタル領域に本が移行することは、単にインクをピクセルと
取り替えることではなく、本の読み方、書き方、売り方を
大きく変えることでもあるだろう」。
「読書の大きな喜びのひとつである、別の世界、つまり作家の
観念の世界に没入することが、犠牲になるのではないかと怖れている。
雑誌や新聞を読むときのように、あちこちから少しずつ情報を
かじり取るようにして、本が読まれるようになるのではないだろうか」。

人気ケータイ作家のひとりで、凛と名乗っている21歳の女性は、
若い読者が従来の小説を読まなくなった理由を大西にこう説明する。
「プロの作家の人たちが書いたものは、文が難しすぎるし、
わざわざくどい表現を使っているし、ストーリーも読者のみんなに
関係のないことだから」。ともすれば熱狂的ブームに陥りがちな
日本以外の国に、ケータイ小説の人気が波及することは
決してないかもしれないが、それでもなおこれらの小説は、
読むことにおける変化が、書くことにおける変化を
必ず引き起こすことの証拠となるものである。

美的側面に関するものを含め、グーグル社の計算に
主観的判断が入りこむことはない。メイヤーは次のように言う。
「ウェブのデザインは、アートというよりも科学になっています。
すぐに反復でき、正確に計算できるのですから、わずかな違いを実際に見つけ、
どれがよいかを数学的に知ることができるのです」。
これは有名な実験だが、この企業は41種類のさまざまな色合いの青を
ツールバーの色として試し、どの青が最も多くのクリック数を引き出すか
調べたことがある。「言葉の人間味をもっと少なくし、
機械に近づけていく必要があるのです」とメイヤーは説明する。

1993年刊行の著書『技術vs人間―ハイテク社会の危機』(新樹社)で、
ニール・ポストマンはテイラーの科学管理システムの教義を抽出している。
彼によれば、テイラー主義は6つの前提に基づいている。
「人間の労働と思考の、唯一ではないとしても第一のゴールが、
効率であるということ。あらゆる面において、技術的計算が
人間の判断よりまさるということ。それどころか人間の判断は、
だらしなさや曖昧さ、不必要な複雑さなどに毒されているため、
信用ならないということ。主観は明晰な思考をさまたげるものだということ。
計量できないものは、存在しないか無価値であるかのどちらかだということ。
市民の営為は、専門家によって最もよく導かれ、行なわれるということ」。

« 本『WORLD WAR Z』 | トップページ | 本『ゆるす言葉』 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/36414974

この記事へのトラックバック一覧です: 本『ネット・バカ』:

« 本『WORLD WAR Z』 | トップページ | 本『ゆるす言葉』 »