« 本『新幹線と日本の半世紀』 | トップページ | 本『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』 »

本『シェア』

シェア <共有>からビジネスを生みだす新戦略

『シェア
<共有>からビジネスを生みだす新戦略』

著 レイチェル・ボッツマン、ルー・ロジャース
日本放送出版協会

カー・シェアリングや自転車レンタル、ネットフリックのようなDVDレンタル、
玩具レンタル、子供服の交換、物々交換、
近所のサポート、空き部屋やカウチの貸し出しなど、
「共有(シェア)」という新しいライフスタイルを紹介。

これを支えているのが、ネットのマッチングシステムであり、
ネット上の評判という「信頼」なのがおもしろい。
日本でこうしたサービスが本格化しないのは、その点がまだ弱いのだろうか。

関連図書:『ぼくたちが考えるに、』

◆読書メモ

チャールズ・レッドビーターが、著書『ぼくたちが考えるに、
―マスコラボレーションの時代をどう生きるか?』で展開した発想を
さらに推し進めると、過剰消費の20世紀には、信用履歴や広告、
所有物によってその人が定義されたのに対し、
コラボ消費の21世紀には、評判や、属するコミュニティ、
何にアクセスできるか、どうシェアするか、また何を手放すかが、
人を定義するだろう。

第一次世界大戦後の数年間、倉庫に残された大量の軍事資材の
使い道を見つけることが喫緊の課題だったことが、
使い捨て製品発祥のきっかけになる。軍事用の包帯やガスマスクの
フィルターに使用されたセルロイド製の吸収材は、
その後「コーテックス」ブランドの使い捨て生理用ナプキンとして再利用された。

ラップトップ・コンピュータ一台分の製造過程で出る廃棄物の量は、
そのコンピュータの重さの4000倍近くにのぼる。

1953年に、米国空軍科学調査局は、戦闘機のスピード技術の進化を
グラフにした。科学者たちは、1903年のライト兄弟の初飛行で記録された
時速6.8キロを起点として、その2年後に記録された時速60キロ、
それからずっと続いて最後はF100戦闘機のスーパーサーベルが記録した
それまでで最速の時速1215キロをグラフに書き入れた。
「その結果は、まったくバカげたものだった」と、ダミアン・ブロデリックは
『ザ・スパイク』に書いている。「彼らは自分たちの目を疑った。
そのグラフは、軌道速度に達するマシンができる可能性があることを
示していた……しかも4年以内に」その計算通り、それから4年後の、
予測された日から数週間以内に、ソ連がスプートニクを打ち上げた。

1995年のニューズウィーク誌に、クリフォード・ストールはこう書いている。
「先見の明があるといわれる人たちは、通信回線を通して働く社員や、
インタラクティヴな図書館や、マルティメディアを備えた教室が実現するという。
電子的なタウンミーティングやヴァーチャルなコミュニティの時代が来るという。
商業やビジネスは、オフィスやモールからネットワークやモデムへと
変わるだろうという……まったくナンセンスだ」

モノに囲まれた孤独な買い物客が、「幸せ」を体現しているとは
だれも思わないだろう。今「幸せ」とは、より広く、
よりインタラクティヴなプロセスになっているのだ。

« 本『新幹線と日本の半世紀』 | トップページ | 本『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/38299907

この記事へのトラックバック一覧です: 本『シェア』:

» 大阪府興信所 (探偵・調査会社) [大阪府興信所]
企業信用調査、個人信用調査、浮気調査、盗聴器発見調査、各種探偵調査業務に対応する大阪府興信所。 [続きを読む]

» 貸し子供服レンタル [貸し子供服レンタル]
高品質なのに格安価格の貸し子供服レンタルの情報です。 [続きを読む]

« 本『新幹線と日本の半世紀』 | トップページ | 本『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』 »