« 本『人間はガジェットではない』 | トップページ | 映画『キック・アス』 »

映画『ノルウェイの森』

ノルウェイの森 オリジナル・サウンドトラック

『ノルウェイの森』
at 新宿バルト9

原作に思い入れがあるので、見るのを躊躇していたのだが、
原作にないシーン(アイスを食べるキズキと直子など)が原作を補完し、
ストーリー説明のためには入れておくだろう場面をカットしている。
原作に忠実な映像化というより、原作を理解した上で、
トラン・アン・ユン監督の解釈を映像化した、という感じ。

役者の台詞が棒読みと批判されたが、
ワタナベのしゃべり方は棒読みで読むのがたぶん正解。
むしろリアリティを持たせようとしている緑の方が違和感。

菊地凛子は彼女なりの直子像をよく研究していて、
しゃべり方から手の仕草まで完璧に演じている
(私の直子のイメージとは違うけど)。

村上隆が指摘してるほど難しいことは考えずに見たが、
原作がいくらでも文学的に深読みが可能だったように、
車を追い越すスピードで歩く直子とか、
直子を追いかける前に震える自分の肩を押さえるワタナベとか、
いくらでも解釈が可能な映像。
プールの青、療養所の緑、雪、肌を照らす光、
グルグルと長回しで捕らえたワタナベと緑の会話、
初音映莉子の表情しか映さない食事の場面とか。


« 本『人間はガジェットではない』 | トップページ | 映画『キック・アス』 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/38657046

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ノルウェイの森』:

« 本『人間はガジェットではない』 | トップページ | 映画『キック・アス』 »