« 緑のカーテン その1 | トップページ | 本『NHKスペシャル 世界ゲーム革命』 »

本『Amazonランキングの謎を解く』

Amazonランキングの謎を解く―確率的な順位付けが教える売上の構造 (DOJIN選書)

『Amazonランキングの謎を解く
確率的な順位付けが教える売上の構造』
著 服部哲弥
DOJIN選書

アマゾンのランキングはどのように算出されているのか、
実際のランキングデータから数式を予想する、という本。

数式や確率の考え方も解説されているのだが、
正直そこらへんはよくわからなかったが、
つまりは「最後に売れた順に並べる」
という単純な規則にもとずいている。

1冊でも売れれば(瞬間的には)1位になる。
アマゾンのランキングは1時間に1回、
しかも売れた直後ではなく、その1時間後に結果が反映されるので、
たとえ1位になったとしても、もっと売れる本があれば順位は下がる。

アマゾンのランキングを何度もチェックした経験があれば
わりと納得できることだと思うが、
1冊でも売れると順位はぴょんと跳ね上がる。
しばらく売れなければ、下位の同じような順位をゆっくり下降する。
このモデルが10万位以下の多くの本に当てはまるという。
(10万位ってずいぶん下だと思うかもしれないが、
アマゾンの蔵書は100万冊くらいなので、約9割がこれに当てはまる。)

そして、数式モデルから導き出された結論によると、
ロングテールビジネスモデルはアマゾンでも成り立たない。
アマゾンでも売り上げを支えているのは、上位のビックヒットであり、
ロングテールは束になってもかなわない。

ロングテールが成立しないというのはかなり残念な話だが、
アマゾンの在庫というのは決して豊富ではない、
というのは経験的にわかる。
コミックやちょっと古い本になるとほとんどが「在庫なし」であり、
紀伊国屋やブックファーストと比較しても、
潤沢というわけではない。

アメリカのamazon.comのデータもちらっと出てくるが、
電子書籍まで含めた場合などでも、
ロングテールが成立しないのかは知りたいところ。
(iTunesだとどうなのか、とか。)


◆読書メモ

100万冊ないし300万冊の書籍の大半、という視点から見ると、
上位10万位までは全体の1割にすぎない。
9割以上を占めるのは6桁以上の数値の順位である。

平均的な売れ行きで順位付けたとき、
アマゾン書店で売れ行きちょうど10万位の和書は、
アマゾン書店で1週間ないし2週間に1冊程度しか売れない。
アマゾン書店にある大半の本、言い換えると、
平均的な普通の本は、アマゾン書店では平均的には1週間に1冊売れない。

1日半アマゾン書店で注文がないと順位は6桁以上(10万位以降)に下がる。
1回の注文でいきなり到達する1万位や2万位は
数値の激減、順位の大幅な向上である。
しかも、直前の位置が10万位か100万位かは関係なく、1回の注文で、
次の更新時におおむね1万位位ないしは2万位台に一気に上がる。
なお、注文の効果が順位に反映されるのは注文直後の定時更新ではなく、
その1時間後の次の更新である。

たとえば、あるときある和書がアマゾン書店でのランキングが
50万位だったならば、その時点で最後にその本が注文されてから
約26日経っている。

ランキングの値と最後に売れてからの経過時間の関係
順位   最後に売れてから
70万位  72日
60万位  41日
50万位  26日
40万位  16日
30万位  9日
20万位  4.5日
10万位  36時間
5万位   13時間
4万位   9時間
3万位   6時間

上位ランキング値と注文頻度の関係
順位    平均注文時間間隔
10位    5秒/冊
100位   1.5分/冊
1000位   30分/冊
1万位   7.5時間/冊

アマゾン書店の実質的な取り扱い点数が100万点弱という結果は
思いのほか小さい。というのは、2010年12月に大阪・梅田に
開店したMARUZEN&ジュンク堂梅田店は蔵書数200万冊を
うたっている。急成長を遂げたインターネット小売業に対して、
実体商売が復権する可能性に期待する。

« 緑のカーテン その1 | トップページ | 本『NHKスペシャル 世界ゲーム革命』 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/40362351

この記事へのトラックバック一覧です: 本『Amazonランキングの謎を解く』:

« 緑のカーテン その1 | トップページ | 本『NHKスペシャル 世界ゲーム革命』 »