« 本『Amazonランキングの謎を解く』 | トップページ | 本『ラーメンと愛国』 »

本『NHKスペシャル 世界ゲーム革命』

NHKスペシャル 世界ゲーム革命

『NHKスペシャル 世界ゲーム革命』
編著 NHK取材班
NHK出版

基本的な内容はNHKスペシャルと同じだが、
放映されるのは一般的にわかりやすい部分だけなので、
テレビでカットされた部分がむしろおもしろい。
テレビでは一輪車に乗ってゲームをするオタクにしか見えなかった
テスターも本書では日本のゲームについてまともな指摘をしている。

◆読書メモ

「スーパーファミコンではCD-ROMは発売されませんでしたが、
実は任天堂はソニーとCD-ROMドライブを共同開発していました。
しかし、製品の発表直前に任天堂が一方的に発売をとりやめたのです。
ソニー側はメンツをつぶされた形となり、
次世代機でのゲーム機市場への参入を決意します。
このときソニーから発売される予定だったCD-ROM搭載機の
一体型スーパーファミコンの開発コードネームが、『プレイステーション』でした」
(『デジタルゲームの教科書』)

「日本のゲーム専用機も、もう中身は日本ではつくっていないのです。
例えば『PlayStation 3』のなかに入っている基幹技術は、すべてアメリカ製です。
ソフトウェアについても、アメリカとヨーロッパ勢がやっています。
任天堂の『Wii』も、もちろん細かな部分では日本製の技術も入ってはいますが、
なかのアーキテクチャーはIBMがつくっていますからね。
基盤の技術は、基本的にはアメリカの企業です。
『3DS』にしても、搭載されているチップを設計したのは、
イギリスの企業なのです。」

カナダ・モントリオール
3次元CG制作用ソフトのソフトイメージ社
ビジュアルエフェクトツールのディスクリート・ロジック社
映画『ジュラシック・パーク』で恐竜を描くのに使われた技術は、
カナダのモントリオールで生まれた。
コンピュータゲームとコンソールビデオゲームの制作を専門とする
バイオウェア社
バイオウェアを2007年に買収するエレクトロニック・アーツ
ゲームの効果音をつくるオーディオキネクト社
CGソフトのオートデスク社

「日本では、携帯電話の『ガラパコス化』といういい方が
よくされていますが、それは、独自に進化した優れたシステムだと
思っています。すべてが非常に豊かで凝縮されているからです」
(ニール・ヤング)

「脳波の技術を使うと、人間を堕落させるゲームを
簡単につくることができます。
脳の快楽中枢にセンサーを置けば、人間は永遠に満足を感じ続けます。
これはすでに現在でも可能な技術です」
(アレクサンダー・カプラン)

« 本『Amazonランキングの謎を解く』 | トップページ | 本『ラーメンと愛国』 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/40374009

この記事へのトラックバック一覧です: 本『NHKスペシャル 世界ゲーム革命』:

« 本『Amazonランキングの謎を解く』 | トップページ | 本『ラーメンと愛国』 »