« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

本『団地団 ~ベランダから見渡す映画論~』

『団地団 ~ベランダから見渡す映画論~』
著 大山顕、佐藤大、速水健朗
キネマ旬報社

マンガ、アニメ、映画、小説などに登場する団地を語ろうという本。
もともとはロフトプラスワンで数回に渡って開催されたトークライブで、
大山さんの『団地の見究』をもっている私としては
いつも参加したいなーと思いつつ、行けなかったイベントなので、
書籍化されてとても嬉しい。
さすがに書籍化にあたり、だいぶ構成し直されていると思われ、
トークイベントでは脱線しまくっていたであろう話もすっきりまとまっている。
追記されたらしい注釈の部分にも熱が入っていて、
ここだけでも十分読み応えがあるのでは。

自分の覚書として、出てくる作品をざっとあげると、
大友克洋『童夢』
岡崎京子『リバーズ・エッジ』
安野モヨコ『ラブ・マスターX』
『ウルトラマン』第26話「怪獣殿下 前編」
『ウルトラセブン』「あなたはだぁれ?」
『耳をすませば』
『新世紀エヴァンゲリオン』
『下町の太陽』
『喜劇 駅前団地』
『しとやかな獣』
『家族ゲーム』
『大市民』
『団地妻 昼下がりの情事』
『昭和歌謡大全』
『デジモンアドベンチャー』
『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』
『放蕩息子』
横溝正史『白と黒』
『ほえる犬は噛まない』
『ザ・ホード 死霊の大群』
『人生は、時々晴れ』
『コロッサル・ユース』
『お早よう』
『ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY』
久保寺健彦『みなさん、さようなら』

作品の良し悪しとはまた別に、そこに団地がどう描かれているか
という話が中心なのだが、それでも
『しとやかな獣』から『家族ゲーム』、『昭和歌謡大全』へと続く
映画のオマージュが発見されたり、
『放蕩息子』と横溝正史『白と黒』は同じ大蔵団地を舞台としていることが、
テキサス州立大学の地図アーカイブから分析されたり、
憧れの住宅だった団地が、都市とミニチュアを象徴したり、
やがて高齢化、老朽化、スラムや孤独を現わすものへ変遷していく様子を
『団地妻 昼下がりの情事』のリメイクから読み取ったり。

ある意味、映画やアニメってこういう風にも楽しめるという
見本みたいなトークが繰り広げられていて飽きない。

個人的には団地で生まれ育ったので、
団地にノスタルジックを感じるようなのにはやはり違和感を感じる。
大きくなってからふと見上げた団地がとても美しく、
ああ、団地ってモダニズムの結晶なんだと思ってから団地好きになった。
中学生の頃はどこへ行っても知り合いだらけなわけで、
ちょっと買い食いしていると、同級生のお母さんに見つけられたりした。
今ではもう住民は老人ばかり。
階段やロビーやポストは最近になって綺麗にリニューアルされてしまった。
「もう子供なんていないよ」っていう佐藤さんの話にも同感。
そのうえで、やっぱり団地には惹かれるのです。


続きを読む "本『団地団 ~ベランダから見渡す映画論~』" »

本『グーグル ネット覇者の真実』

『グーグル ネット覇者の真実 追われる立場から追う立場へ』
著 スティーブン・レヴィ
阪急コミュニケーションズ

著者のスティーブン・レヴィの名前をどこかで聞いたことがある
と思ったら、1995年~2008年までニューズウィークの記者を務め、
現在はWiredのライターだそうだ。
(ビジネス誌を比較したことがないのだが、少なくとも
ニューズウィークは相当きちんとしたネット記事を掲載していた。
私が初めて“インターネット”の脅威について読んだのも
ニューズウィークの記事だった。)

著者は長年培った信頼をもって、グーグル内部の取材を許可される。
サーゲイ・ブリン、ラリー・ペイジ、エリック・シュミットの3人、
グーグルオタクにはおなじみマリッサ・メイヤーはもちろん、
すでにグーグルを辞めてしまった人たちも含めて
多くのグーグラーに取材し、戦略会議への出席も許された。

そうしてできたのが本書ということで、
今まで想像でしか語られなかったグーグルの内幕を
だいぶ克明に描いている。
そこに見えてくるのは大企業になってしまって苦悩するグーグルの姿だ。

第1章は検索エンジンとして成功するまでの話なので、
グーグルについて読んだことのある人なら
それほどめずらしい話でもない。(『Google誕生』に詳しい)
それ以降のアドワーズによる莫大な収益、
「邪悪になるな」というモットーがどのように生まれたか、
(そしてその言葉がその後どのようにグーグルを苦しめたか)
Gメール、グーグル・ドキュメント、アンドロイドの誕生、
スカイプ買収をめぐる社内抗争、YouTube買収、中国進出と撤退、
反トラスト法、ストリートビュー、グーグルブックをめぐる法廷騒動、
オーカット、ドッチボールを手がけていながら、SNSに乗り遅れた失態
(元Gメール担当ポール・グックハイト、元グーグルマップ担当
ブレット・テイラーはフレンド・フィードを設立し、フェースブックに買収された。
ブロガーの共同設立者エヴァン・ウィリアムズは
グーグルがブロガーを買収後、放置されていることに愛想をつかし、
グーグルを退社し、Twitterをつくった。
ドッチボールのデニス・クロウリーはその後、フォースクエアをつくる。)

グーグルが必死に大学生気分の会社をめざしたのにも関わらず、
大きくなりすぎた企業が何をするにしても厳しい目で見られたし、
社内も変化してしまったのがよくわかる。

グーグルという会社の透明性と秘密主義という相反する姿、
(ザッカバーグよりはまともだと思ってたんだけど)
ペイジとブリンという創業者2人の変人ぶり、などもおもしろい。

訳者あとがきにあるように、本書の裏テーマは
「グーグルは邪悪になったのか?」である。
気軽には動けない大企業になってしまっても
挑戦しようともがくグーグルは邪悪になりきれないジェダイのようだ。

続きを読む "本『グーグル ネット覇者の真実』" »

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »