« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

本『閉じこもるインターネット』

『閉じこもるインターネット グーグル・パーソナライズ・民主主義』
著 イーライ・パリサー
早川書房

グーグルのパーソナライズドは人によって検索結果を最適化する。
「アップル」と検索すると、ある人には「リンゴ」を、
ある人には「アップル社」の検索結果を表示する。
便利な機能だが、これがすべての検索結果に渡ると、
人は自分の見たいものだけしか見なくなる。
しかも、自分が見たいものしか見ていないのだということに気がつかない。
他の人には別の検索結果が表示されているということも知らない。

「自分の見たいものだけしか見ない」というのは
震災以後、強く感じるようになったことだ。
私のTwitterのタイムラインには同じような考え方の人が並ぶ。
なぜなら、その人の考え方に賛同するからフォローしたのだから。
そうでない人のツイートはだんだん見なくなる。
アンフォローするか、メインのリストから外してしまったから。
そうすると、「だって、“みんな”そう言っている」というとき、
“みんな”とは自分の同じような意見の“みんな”となる。

Facebookは“いいね!”という共鳴の文化だから、
賛同される意見は上に表示されるけれど、
反対意見は書き込みにくい。

2003年、キャス・サスティーンは『インターネットは民主主義の敵か』
において、「ネットはカスケードを加速させる」と懸念を表明した。
自分の興味のあることしか検索しなければ、
自分の興味の範囲外のことや意見から遠のいていくだろうと。
当時は、そういう考えもあるのか、ぐらいに思っていたのだが、
この危険性はどんどん強くなっていうように思う。

しかも、今では、パーソナライズされた個人データはビジネスになる。
たとえば、旅行サイトで「ハワイの格安航空券」を検索したなら、
航空券を買わなかったとしても、「ハワイの格安航空券に興味のある人」
というデータがどこかで売られ、以後、ブラウザーの横には
ハワイや航空券の広告が表示されるようになる。
こうした「行動リターゲティング」はすでに行われている。

マーク・ザッカーバーグは「アイデンティティはひとつだ」というが、
誰もがいつでもどこでも公明正大でいられるわけではない。
ましてや、クリックや“いいね”を元にしたアイデンティティは
私そのものではないのに、私のデータとして利用されるのだ。

かつて人々が夢見たオープンなインターネットはどこで変化したのか。
立ち止まって考えてみるために必要な一冊だと思う。

続きを読む "本『閉じこもるインターネット』" »

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »