« 本『本当は怖いソーシャルメディア』 | トップページ | 本『スマートテレビ』 »

映画『(ハル)』

『(ハル)』

いまさらであるが、追悼森田芳光ということで『(ハル)』を見る。
1996年の公開当時は映画館で見たのだけれど、
今ではHuluで見たいときに見られる。

パソコン通信を舞台にしたメールのやり取りというのは
さすがに時代を感じる。
ハンドル名という響きも懐かしく、このころには、
ネット上の自分と、実際の自分という区別があったのだなと。
(「RTしよう」という言葉が出てくるが、
「リアルタイム会議室」、いわゆるチャットルームのことなんだけど、
当時、そんなふうに呼んでましたっけ? もう「リツイート」しか思い浮かばない。)

画面の大半をチャットのやりとりやメールが
埋めつくす手法は、相当、斬新だったと思うが、
パソコン通信の雰囲気を表現するためには、これで正しかったと思う。
むしろ、当時見ていたときは何の違和感も感じなかった気がする。
あらためて見てみると、メールで語っていることが必ずしも真実ではなかったり、
(ハルが明らかに嘘をつく場面では文字が赤くなっている)
淡々とした日常生活との対比がよく出ている。
メールの内容もごくごく普通のもので、
その後の『WITH LOVE』のように、
わざとらしく2人の距離を縮める感じがないのもいい。

日常生活はすごく静かな映画で、
深津絵里の恋人を失った喪失感を抱えている感じが
とてもいい。(彼女がちゃんと笑うのはラストだけなのだ。)
私は深津絵里を特別好きではないのだけど、
この映画の彼女は本当にいいと思う。

内野聖陽もちょっと爽やかすぎるんだけど新鮮。
戸田菜穂演じるローズは、明らかに『ノルウェイの森』の緑のパロディーで
何度も深津絵里が村上春樹の本を並び替えたり、
(『ノルウェイの森』の隣に『ダンス・ダンス・ダンス』を置くのだけど、
あれはなぜなんでしょうね。)
亡くなった恋人の名前が春田だったりする。

そのほか、ハルの元カノが当時、ちょっと目立ってた山崎直子。
今、調べたら山崎努の娘だとか。切れ長美人でした。
あと、深津絵里に言い寄る役で宮沢和史とか。

静かな映画の中で、大きく動の部分が新幹線なのだが、
あれは名シーン。
実際にはパソコン通信で知り合った人があんな風に
出会ったりしないとは思うんだけど。
(また蛇足ですが、当時はリアルタイムで
NIFTYの映画フォーラムにいたので、公開したときは話題になりました。
といっても当の映画フォーラムはシスオペ辞任騒ぎに揺れていたのだけど。)

映画のラストの台詞は予想がつくのだけれど、
あそこはやっぱり実際に声が欲しかった、
と見た当時も思ったっけ。


« 本『本当は怖いソーシャルメディア』 | トップページ | 本『スマートテレビ』 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27590/44622790

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『(ハル)』:

« 本『本当は怖いソーシャルメディア』 | トップページ | 本『スマートテレビ』 »